プロセス

住まいづくりにとって「設計」とは

イメージや要望、こだわりを整理する方法のひとつであり、本来そこに住む人が、自由に、楽しく、ムフフッと、自分が暮らす家を想像しながら行うものです。
設計図は、自分ではない人にそれを伝えるものです。住宅設計は、日頃の生活や趣味、悩み、夢、将来のことなどを考えてみることから始まります。

私 たちは専門家として、また過去に似たような問題について考え、解決した経験に基づき、法的な規制、地域デザイン性、構造的な安定性、室内のすまい快適性、 省エネ性などなど、あらゆる角度から、住み手にとってベターな選択ができるようアドバイスし、それを効率良く達成できるようお手伝いをさせていただきま す。

ここでは、これまで経験した設計プロセスを公開することにより、これから住まいづくりをされる方の参考になればと思います。


スケジュール

あなたの価値観や希望しているイメージの共有をはかる作業も設計の一部だと考えると、出会いから建物完成引き渡しまで概ね1年ほどかかると考えていただいた方が良さそうです。

■出会い~3ヶ月
ご自身の要望はもとより、一緒に暮らすご家族の意見も大切にしてください。そして3年後のイメージ、10年後のイメージまでは最低持っていただきたいとおもいます。そう考えると、土地探しと並行して3ヶ月は見込んでおくべきです。
■4~5ヶ月
基本プラン、基本設計は住宅設計の最も楽しい期間であり、私たち設計士もアイデアや意見をどんどん申し上げたい時期です。この期間も最低2ヶ月はみておきたいものです。心理的にも家づくりに対して、不安から期待に変わる時期です。
■6ヶ月
実施設計期間は、製図をしている時間ではありますが、この間に基本設計の修正を含め、打ち合わせは並行して行っていきます。概ね一ヶ月を要します。
■7ヶ月
実施設計が終わると、いよいよ工事の準備です。各工事会社から見積をとり、同時に工程の調整をしていきます。地鎮祭の準備や、近隣挨拶、建築確認申請などめまぐるしいスケジュールです。やはり最低一ヶ月を要します。
ここまでで7ヶ月が過ぎています。
■8~12ヶ月
そして着工。効率よく、安全に工事は進行します。35坪程度の住宅であれば約4ヶ月程度で工事は終了します。
引越し前に、外構工事をすることも多く約1ヶ月かかります。
これで12ヶ月、1年です。決して安全をみて、悠長に進めている訳では有りません。このスケジュールを確保できるかどうかでも、家づくりの方向性は変わってくると言っても過言ではありません。

新築住宅のマスタースケジュール表(クリックすると拡大します)

このスケジュールはほんの一例です。
お客様のご都合に合わせてスケジュールを考えることも設計の一部だと考えています。


家づくりの費用

みなさんは、TOTOやINAX(現在はLixil)からトイレ便器ひとつでさえあなたは直接メーカーから買えない、ということをご存知ですか?

家づくりの費用は、正にブラックボックス。

家づくりにかかるお金を大きな枠で考えた場合、
・土地代
・設計・設計監理費(申請費)
・建築工事費原価+工事業者の利益+工事業者の経費

この3つが主な家づくりの費用です。
土地は地形やその地域での相場、日当たりなど様々な要因によりますが、1560万+仲介手数料、などと金額がはっきりしています。条件と金額を自分で検討した上で購入できます。

しかし設計費用や建築費は、はっきり言って、高いのか安いのか?、お得だったのか騙されたのか?完成した後からでも分かりません。何千万もするお買い物だからでしょうか。基準となるモノサシがないからでしょうか?
ひとつ言えるのは、設計や建築にかかる費用が、建て主に全く見えないため、ということが言えると思います。一応見積書はありますが、一式単価や物の値段も仕入先によって大きく変わってきます。工事業者の利益も各々の会社の規模や生産性、またアフターメンテナンスに対する考え方で大きく異なります。
また、ハウスメーカーや工務店も資材を調達する際、必ず問屋を通して仕入れているはずですが、定価に対する掛け率や、仕入原価に対してどの程度利益を上乗せするのかは、その時その時で変えるのが普通です。

「この広さで、こんな感じで、2000万でどうですか?」
「・・・・・・・。」
「そんじゃ、1900でどうですか?」
「ええ、まあ、その位なら・・・。」

これが何年も積み立ててきた貯金の使い途でいいんでしょうか?
これから何十年もローン返済していく元でいいんでしょうか?

私たちは、その工事や物の値段が本当に適正なのか、同じ物がもっと安く手に入らないのか、あっちは省いてもこっちは必ず確保しなきゃ、などのアドバイスも設計やデザインの一部だと考えております。ブラックボックスをクリアボックスにしていきます。


7つのステップ

設計から工事まで 住まいづくりデザイン7つのステップ

余分な出費のない、効率のよい工事は、きちんと手順を踏んだ設計がなされているものです。
ここでのステップをきちんと踏んでいただくよう、ガイドとして私がご案内いたします。

時には森に迷うこともありましょう。これ以上歩けないと嘆くこともあるかもしれません。
どんな場合でも、あなたのための住まいづくりのため、
あきらめずに、励ましあいながら進めていければと思います。
目指すところは施主も設計者も同じです。

STEP1 土地探し・情報収集の期間
STEP2 土地売買契約
STEP3 設計監理業務委託契約
STEP4 基本設計
STEP5 実施設計(施工図を描く)
STEP6 工事着工準備
STEP7 工事着工~完成までの「工事監理」