建て主が参加する家づくり

ハウスメーカーでは経験できない「建て主」が参加する家づくり

ハウスメーカーで家を買う場合、建て主が参加するのは、各部材の色の決定やトイレやキッチンの選定など、ほぼ決まったパターンになってきます。間取りの要望ですら、決まったパターンからのチョイスやその組み換えのみで、設計士の顔すら見ることができません。
そして契約の後は、あっという間に完成し、きれいなクロス貼りの空間に。
職人さんとも一言も話しなかった、ということもざらです。

「これで良かったのか?」という疑問は常につきまとい、なんだかさみしい。
でも、これと違う世界があります。
心から納得して、苦労しただけ満足で、愛おしい我が家。
そこに家族が一緒に暮らせる。

キャンプでつくるカレーはなぜあんなに旨いのか?

家づくりのプロセスを楽しみ、自らも家づくりに参加できる。
そんなスパイスが加わるだけで、家づくりは「困った」から「かけがえのない大切な思いが詰まった宝箱」に生まれ変わるのです。

<これまで建て主が参加したこと>
・外部の木部の塗装工事
・外部のデッキの造作工事
・デッキ材のカンナ掛け、面取り
・内部の壁の左官工事
・内部の建具や家具の塗装工事
・内部の床のワックスがけ
・カーテンレールの取り付け
・カーテンボックスの取り付け
・工事終了時のハウスクリーニング
・雨水浸透桝の穴堀り

などなど 建て方に参加した建て主や、 建前以降のすべての工事をすべて自ら工事した人もいらっしゃいました。
しおはら住宅デザイン設計では、室内の壁を左官材で自ら塗る工事を積極的に勧めております。
弊社事務所にも練習用の壁がございますので、ぜひチャレンジしていただきたいものです。


次のページ 「