断熱改修 体感型見学会(松本市)

もうかれこれ10年ほど前のことです。

長野県松本市の両親の家、つまり実家を断熱・耐震改修リフォームしました。

当時私は30歳。

東北大震災以降、今でこそ省エネとか耐震という言葉が新聞や広告などあちこちで叫ばれていますが、当時は断熱改修なんて言葉はぜんぜん一般化していませんでした~。

そう、かなりマニアックな分野。

そのころ私はとある工務店に勤めていて、年間15~20棟程の設計や現場管理をしており、新築でかなり高断熱高気密仕様(=冬大変暖かいのであります・・・)の家をガンガン造っていました。

新築はゼロから計画できますし、予算も読みやすい。もうくたびれたような家をリフォームして次世代省エネ基準並みの断熱性能を出すことはかなり難しいとされ、また、そんなのは意味のないことなんじゃないかと思われていました。

需要も無ければ断熱や耐震の改修に関する技術もまだまだ発展途上だったわけです。

 

15年も前に兄が高校卒業と同時に実家をはなれ、私も高校卒業後千葉県の大学へ。

以後この寒い家に、両親は10年以上住んでいたことになります。築30数年。そして父親が勤続40年以上の職場を定年退職。外壁や床、もちろん水廻りもくたびれて来ていました。

さてどうするか?

建てかえる?

売却してマンションに移るか?

月並みに、水廻りだけのリフォーム?

いやいや屋根はかなり傷んでいるから葺き替えか?

・・・・やぱっりこのまま?

両親はそんなことをあれこれ考えていたらしいのです。

ある日私に母親から電話が・・・。

「まさき~、あのさ~、暖かい家つくってるって言うけどリフォームでもできるだかい?」

実はこの数年前に、私の勤める工務店で佐久市に兄の家をやはり高断熱高気密仕様で新築していたのです。次世代省エネ基準を大幅に上回る性能で、自分でいうのもはずかしいですが「めちゃめちゃイケてる」家でした笑。

そんなこんなで10年前に、当時大変珍しかった断熱・耐震同時リフォームを4か月かけて決行!ずいぶんいろんなことを勉強させてもらいました笑

おかげさまで両親からは、

「初めてにして、最高の親孝行」と評され、お盆や年末年始には孫たちも安心して過ごせる実家になりました。

そんな松本市にある私の実家を、2/22(土)、23(日)の両日、10:00~16:00公開しちゃいます!

建て替えか?リフォームか?迷っている方々、

断熱・耐震リフォームに懐疑的な方々、

研究熱心な断熱マニアの技術者たちよ、

どうぞ振るってお越しください。

当日は二男(わたし)および両親にて対応します。

前週(2/15,16)の私の自宅~Q1.0住宅見学会とあわせて、つまり2週連続で塩原家を思う存分バッサリしちゃってください!



改修後の外観。

2階外壁は安い杉板。

1階外壁は普通下地用の軽量モルタルに黄色い石の粉を混ぜて塗ったローコスト左官塗り壁。窓はシャノン樹脂ペアガラスLOW-E.

 



 

座敷(応接)~普段は使ってない。

年末年始に子供夫婦・孫らが宿泊。

 

 

 

 



ダイニングキッチン。

塩原家は、普段居間でテレビを見ながら食事なんかしたことない。

この間の年末年始は家族12人みなここに顔を揃えた。

 

 



 

リビング。

窓大きくて心配だったけど冬も結露知らず。ありがたし。

 

 

 



 

ここが天才塩原を輩出した部屋!笑

今はマッサージ器が置いてあり、冬場の室内洗濯物干し場として使われている。学習机とかラジカセとかどうすることもなく・・・。

 

 

 

 



 

メイスンリ・ヒーター体験

先週は大忙しでした。

1月も後半に入り巷ではインフルエンザブームになりつつあるみたいですね。

昨年の今頃は私もインフルで苦しみました。今年はあまり無理せずに・・・なんて思ってましたが。みなさんお気を付け下さい。

月曜日は塩尻で建て方に参加してきました。参加って簡単に2文字になっちゃうとなんだかさみしいんですが、いわば私も大工みたいに動いちゃってるってわけです。

職人さんの人手不足も深刻化しています。

 

 



 

無事金曜日には上棟式を身内で行いましたよ♪

 

 

 

 



 

戻って火曜日は松本市の新築現場の鉄筋配筋検査立会いに。

今年は雪が少なくて助かってます。ありがとう将軍様!

 

 

 



 

木曜日は久しぶりに松本市のYさんの家へ。この何とも言えない素敵なテイストの住宅でございます。

新興住宅街の中にあって特に目立つこと。

 

 



金曜日は朝一で松本市の喫茶店改修工事の外構打合せへ。

空間SOBO多田さんと合流。

いや~いい顔してるなぁ。

 

 

 



土曜日は安曇野・池田町へ。

8年ぶりの再会でした。しかし残念ながら仏前で・・・。

約8年前に完成引き渡しをし、その後オーガニック料理店をここで営業されていましたが、交通事故で突然に・・・。

設計中~工事中は「セカンド君」と呼ばれ可愛がってもらいましたが、人は突然にこの世から去ってしまうこともあるのですね。(高校時代に高校野球で2番セカンドだったですと雑談しましたら、以来そう呼ばれることに・・・)今年春から、奥さまが再開させるのだということです。ご近所の方、ご期待ください!



 

最後はこちら。土曜日の夕方に木崎湖に入りました。2年前から薪ストーブ仲間で「信州焚火会」というネットワークに参加しています。フェイスブックを通じて薪ストーブのことやらなにやらを情報交換し、たまにリアルコミュニケーションを行っているのですが、その中のメンバーの方のセカンドハウスです。

 



暖炉?ペチカ?

いえいえメイスンリヒーターなのです!

こいつの何がすごいって、ものすごい蓄熱量です!薪をくべる入口はこのドア部。その上はオーブン用扉。廻りをものすごい量のレンガで囲っているわけで、木を燃やした排熱がもれなくこのレンガをあたため、表面は45~50℃くらいの温度でマイルドな輻射熱がず~っと得られます。

 

日本ではまだほとんど知られていない代物です。でも薪ストーブの良さを真剣につきつめてゆくと、最後に「蓄熱」というテーマに行き着きます。

苦労して割った薪・乾いた薪は貴重なエネルギーな訳ですから、とことん熱として室内に取り入れたいわけです。煙突から出る熱をできるだけ捨てたくないのです。

 



 

この日、ピザと牛肉をふるまっていただきました。もちろんメイスンリヒーターのオーブンで。

電気やガスを使わず薪だけで料理ができます。

 

 



 

日本ではまだまだ数少ないメイスンリヒーターですが、薪ストーブを検討している方は、是非一度こいつも選択肢に考えてみてはいかがでしょうか?

このあと私はこいつのそばで雑魚寝になったのですが、やわらかい暖かさは途切れることはありませんでした。途切れてほしいと感じたのはD氏のいびきです笑

 

インテリアとしてもイケてると思います。

 

 

 

 

Q1.0住宅 体感型見学会(長野市)

寒い時期だからこその開催です。

断熱性能を高めると、室内環境はどんな具合になるのか体感していただきたく、

売り込みなし、長居歓迎(笑)の見学会を開催します。

2月15日(土) 10:00~16:00

2月16日(日) 10:00~16:00  の2日間です。

新住協(しんじゅうきょう)という高断熱住宅をいかに確実に、お値打ちにやるかを研究している団体で、全国一斉に開催します。

私の自宅兼モデルハウスなので、気兼ねなくお越し下さい。

■こんな方に来て見て感じてほしい=ポイントは~

・建築業者、いわゆる玄人の技術者の方

・寒くもないが特に暖かいという感でもなく・・・を体感してね

・ドアとか引き戸なくって大丈夫?

・こたつ、ありません

・布団、かけぶとん一枚です

・基礎断熱の床下状況確認(ご希望の方は床下に潜ってください)

・木製トリプルガラスはどんなふうなの?(築7年です)

・果たして暖房は何がいいのか?

・「うち、寒いて仕方ないんだけど・・・・お金あんまりないんだけど、断熱改修ってどこまでできるの?」にお答えします

・29坪だけど4人家族だったら十分!?

・モア省エネを薪ストーブで実践してみる

・高断熱住宅と薪ストーブの相性は?

・木の家がいいんだけど、イモっぽくなりたくない!

・「塩さんは顔に似合わず、おもろい家をつくるらしい」と思っている方・・・



 

窓が外壁よりだいび引っ込んでいます。

外壁は22cmの断熱材厚さ

 

 

 

 



冬でも日光が差し込み明るいリビング

珪藻土の内壁

 

 

 



 

玄関ドアへのアプローチ

 

 

 

 



 

対面式ではないキッチン

家電製品や食器の収納量をチェックしてみてください。

 

 

 



 

お待ちしてま~す

 

※2/22(土),23(日)は長野県松本市にて耐震・断熱改修した家の見学会を行います。

 

 

「ベランダが腐ってやばい」

昨年12月でしたが、ログハウスのベランダを支える持ち出し梁の修理を行いました。

木の家には木製デッキバルコニーがつきものですが、木部に対する防水を良く考えてつくらないと同じ事が起きてしまいますので、自戒の念を込めて公表します。

 

丸太の梁を室内からそのまま延長して持ち出し、その上にベランダをつくっています。

見た目はとてもカッコ良く、ログハウスの定番ですが、築後18年の姿がこれです。

水切りが上にありますが、丸太の上面全体を覆っているわけではなく、腐れが進行しています。

 

 

 



 

腐った木部はボロボロになってゆきます。蜂が巣づくりに用いるのか、かじって口でくわえてどこかへ持ち去ります。

この状況を見ると、ベランダで洗濯物を干そうという気になりません泣

 

 

 

そこで昨年末に大手術が行われました。

こんな部品があらかじめ準備されました。

いったいどんな風に用いられたのか?

 

 

 



いろんなやり方を考えたのですが、出来るだけ美観を損ねないように配慮しました。

①腐っている部分(先端から約50cm)を切断。(あらかじめ床組はジャッキアップ)

②短くても残った持ち出し梁を四角形に整形。

③あらかじめ採寸して製作したコの字型の丸太材(米杉)を、ビスで仮止め→全ネジボルトで締め付け固定



 

④これまではなかった方杖(ほうづえ)と呼ばれる斜めの棒で補強。

⑤サンダーなどでお互いの材をなじませて塗装をすると、ほら、直したなんて分らなくないでしょうか。

 

 

 

 

 



 

持ち出し梁は3か所あり、2カ所が腐っていましたが、この際3カ所とも同様に修繕。準備加工1日、現場で丸2日かかった大手術となりました。

屋外の雨にあたるところ、木はいずれ腐ります。だからといって全てを金属製で、というのはいかがなものか。

 

防腐材がしっかり注入加工された材料を用いるか、容易に交換・修繕できるつくりが望ましいと思います。理想は雨に当たらないことですが・・・。

塗装を毎年していれば腐りにくいとはいわれますが、木には割れ目もありますし接合部など塗装が出来ない箇所も多々あり、塗装は美観を保つ程度のもの、と考えて良さそうです。

施工協力:株式会社まるたんぼう(長野市松代)

-10℃のさなかですが建て方しています

雪がなくて楽ですが、しびれるほどの寒さです。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

私はと言えば「現場の職人不足」のあおりをまともに受けており、現場での作業に明け暮れています。定期点検や急ぎごとではない工事をご依頼いただいているみなさんには本当に申し訳ない次第です。普段えんぴつ以上に重いものは持ったことが無いので(笑)、体中のいたるところがツッております。

今週末から来週にかけて塩尻市は木曽道・奈良井宿にて建て方工事に参加しております。

フジタ棟梁に怒鳴られながらがんばってきます!



 

コンセプトはアヴァンティー

寒い日が続いていますね。ここ長野市はほとんど雪がありません。でもスキー場にはしっかりあります。ゲレンデ関係者にとっては、「道路はスイスイ・ゲレンデパウダー状態」で近年まれにみる最高のシーズンだとか。

ところでFMラジオで毎週土曜日の夕方やっていた「サントリーウェイティングバー”アヴァンティー”」が終わっちゃってたって知ってました?もうかれこれ20年近くやってたんじゃないかな~。

昨年、そんな「アヴァンティーのようなキッチンに」をコンセプトにしたリフォーム工事があったんですよ、実は。



これ、完成したての写真。

いい感じでしょ♪

築150年の古民家を改造したのですよん。

でも普通の方の住宅の台所。

なんか変な感じ。

もったいないね、お店やんなきゃ(笑)

 

 

 



年末年始、ここがえらいことになったらしい。

近所の人やら知人友人、全くの他人まで・・・。食材持込で、よその人のダイドコ、勝手に借りちゃう(笑)勝手口ないんだけども、堂々と玄関から入って。んでもって、施主というか家の人は途中で寝ちゃう。ちなみにこのウエイター(ジェイク)さんは近所の人ですから~っ”

 

 



信じてもらいえないと思うけど、これが工事前の、同アングルの写真。

変われば変わるもんだねぇ~、ホント。

断熱材もみっちり入れちゃいましたから、寒くないんで人が集まるんだろうなぁ。 @長野県飯山市

 

 

 

【募集】松本駅前・店舗賃貸物件

長野県松本市 駅前の丸善書店さま横

2階の約10坪(1階は喫茶店「あぜ道」さま、3階はギター教室です)

美容室店舗をやりたいという方、美容室でなくとも店舗物件を探している方

いらっしゃいませんか~?

立地条件の割に破格で~す!

ご希望の方は仲介業者に紹介させていただきますのでご連絡くださいませ。

しおはら住宅デザイン設計 代表 塩原の携帯 090-1121-3993

またはメール   info@shiohara-hd.jp  へどうぞ。

※1/13段階でまだ一般には情報が出ておりません。



松本地方に住んでいる方なら、ここがどこかはきっとわかるはずですネ。

井上百貨店、丸善書店、スクランブル交差点。

駐車場はありません

 

 



現在の店舗内装です。美容室ならばそのまま即営業可能。

造作物、什器備品の買い取り金額は応談

エアコン、給湯ボイラー新品同様

 



 

美容室以外の店舗営業をお考えの方は内装の解体や模様替えなどが必要かと思います。

破格にてしおはら住宅でも承れます。ご相談ください。

 

 

※現店舗オーナー様と塩原が知り合いなのです。

 

木曽路・奈良井宿

数年前のNHK朝ドラで話題になった信州木曽路「奈良井宿(ならいじゅく)」。

「おひさま」のロケ地として、古い町並みをぶらり散歩しに今もなおたくさんの観光客が訪れます。



ご縁がありまして、奈良井宿の中ほど、蕎麦屋さんの「相模屋」の住宅はなれの新築を担当します。

この写真は昨年秋のもので、観光客がいないスキをついて撮影したもの。

朝ドラの「おひさま」の放映は2年ほど前だったのですが、いまだに人気スポットのようで、主に名古屋方面からのお客さんが多いのだとか。

 

 

 



 

きっかけは数年前に設計と工事を担当した静岡県富士宮市のKさんのご紹介。妹さんの嫁ぎ先だそうで、偶然なのか必然なのか、その旦那さんは私の大学の先輩でした。いや正確には同級生。20年前、学部は異なりますが同じ学校に4年間勉強していたことになります。(勉強してたかな?笑)

 

 

ここ相模屋さんは観光ポスターにも用いられ、奈良井宿の象徴的な風景のひとつです。

ランドセルを背負った子供たちは、古い宿場町と庶民の生活とが同居している生の奈良井宿をを示していて、ほんわかな気持ちにさせられます。

 

 

 



まさにうなぎの寝床と呼べる細なが~い敷地の奥に、今回の現場があります。

当然のようにお隣と建物は一体化し、壁の共有は当たり前。お互い様100%のお土地柄です。

このトタン張り2階建ての車庫兼倉庫を解体して、そこに子供たちとの長年の約束であった「1階ガレージ2階子供部屋を」というのが今回のプロジェクト。

 



こんな建物をプランしました。

ここ奈良井宿は景観保存地区なので、屋根勾配は3寸が標準。切妻屋根として、色合いも焦げ茶系にしなさいとの指導があります。

 

 



観光客が落ち着いた12月に解体を開始。1週間ほどであっという間に解体は終了し地鎮祭に。

雪がちらつく中での開催になりましたが、秋は猛繁盛のそば店を経営している以上、工事は冬でなくてはなりません。

 

 

 



 

今回も棟梁は藤田さん。伊那市西箕輪からここ木曽・奈良井宿までは約30分くらいだそうです。

神主様は深志神社の清水様。

約束を果たすトーちゃん、カーちゃん、かっこいいぞ!!

 

 



基礎工事が新年と共に急ピッチで進んでおります。

配筋検査のこの日は外気温-10℃。

あす予定されているコンクリート打設に向け、ジェットヒーターの準備やらシートの準備で大忙しです。

基礎工事は塩尻市の野沢建設さん。

 

 



戸隠のそば打ち道場で過去に蕎麦を打ったことが一度だけありますが、ほんとうにあれは大変ですね。体力勝負です!それを毎日続けているOさんに脱帽です。

Oさんは相模屋の7代目らしいのですが、綿々とつづくその営みの連続性と、細く長くという年越しそばの想いとが重なり、紅白歌合戦をテレビで見ながら、ふと8代目のことなんかを心配していた、おおみそかの塩原でした。

 

7代目と8代目の節目のためにこの工事は行われます。家づくりは歴史づくりに欠かせない要素なのだと思います。よし!奈良井宿イチのあったっけぇ・かっけぇ家にしたろうじゃないかぁ~!

 

「家を建てるのが夢でした」

正月明けはベルトの孔がかつてない位置に移動したしおはら住宅の塩原です。遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。本年もしおはら住宅デザイン設計をどうぞよろしくお願い申し上げます。

正月明けの1/6、松本市笹賀にてめでたく地鎮祭を開催させていただきました。

長野道塩尻北インター下車、松本空港へ向かう県道沿いに、美容室店舗の併用住宅の新築工事です!



 

外気温は3℃程度でしたが幸い晴天に恵まれ、お日柄もよく、これから始まる工事を前にわくわくします。O様ご家族、深志神社の清水様、大工棟梁の藤田さん、アルバイトの宮澤君と共にご家族のご多幸と工事の安全を祈願。

 

 



これまでの記録を紐解くと、初めてお目に掛かったのが昨年の3月でした。数年前に他界したご主人のこと、数々の住宅メーカーを訪ねまわってもいまいち納得のいくプラン提示がなく、前にすすめない状況のこと、家づくりの夢、期待、家族の将来、美容室の経営のこと、さまざまなお話しをさせていただきました。

 

 

Oさんからは、「冬あたたかく、老後も安心して暮らせる家に。美容室へのアクセスが楽な、明るい家にしてほしい」、「リビングに大きな吹き抜けがあり、2階の手すり越しにリビングを見下ろすことができるようにしてほしい」、「店舗の雰囲気を出すために、外観には塔のような、多角形アクセントがほしい」など、数々のイメージを頂戴しました。

 



昼夜を問わず交通量の多い県道に面するので防音性も大事です。

 

 

 

 



「店舗用と住宅用の玄関は別々に」、「デッキも大きく取りたい」、「玄関ドアは白い色がいい」など自身のこだわりイメージを全てお話しいただきました。

 

 

 



設計者である私がこの段階で唯一こだわったのがこれ(笑)

そう風見鶏。このあと4月から10月までの半年間、徹底的に間取りの検討は繰り返されることになります。

 

(ここまで掲載したイメージパースは実際にはボツとなっています)



ご主人亡きあと、ハサミ一丁でここまで2人の子ども達をを立派に成長させ、更に前進させようとしているOさんに対して感服します。尊敬します!一職人である美容師さんが、一世一代の大仕事である自宅兼美容室。必ずやそのお気持ちに応えさせていただきます!

 

 

 



家づくりの向こう側には、家族のストーリーがある。そして家づくりは未来づくり。

そんな人生の一部に直接関われる喜びを胸に、苦労して書いた図面を脇に、しばらくの間ご一緒させていただきます。

 

 

家づくりストーリーにご興味のある方はこちらの動画もご覧ください。↓(YouTube   約6分)