住みなおす(平屋考)

このプロジェクトは、お隣り金沢市に住むK様(OB客)のご実家の建て替え工事なのです。

今年72歳になるお母さんが一人で暮らしています。築42年、2階建て延べ床面積108坪の住まいは、あまりに広すぎる。そしてあまりに寒すぎる・・・。

あちらこちらに直さなければならない箇所があり、地元の業者さんに見積もりをお願いすると、約2000万円の改修工事費がかかる・・・。

それだったらいっそのこと、「高断熱の平屋に建て替えた方がいいのでは?」ということでご相談をいただきました。

ここで「平屋(ひらや)」について少し掘り下げて考えてみます。

一般的な平屋についての考え方。

・階段を使って2階に行かなくていいので、室内の移動が楽。体への負担が少ない。

・老後の理想的な住まいだ。スローライフって感じ!

・敷地が広くないとだめ。建築費は2階建てより割高になる。

そして更に、少し深い考え方。

・廻りが2階建てばかりなので日差しが遮られ暗くないか?

・廻りの家にとっては我が家の高さが低い方がいいだろうから、お隣にやさしい、ってことに。

・真上の2階から聞こえてくる音がないのでいいよね♪

・すぐ上に屋根があるから夏は熱そう。冬はファンヒーターの温風がトイレや洗面、お風呂などに送られずに寒そう。

・洗濯物をベランダに干せないので下着が盗まれやすいんじゃない?

・見晴らしのいい景色が楽しめない。

さらにさらに建築士的着眼。

・2階建て、3階建てに比べると耐震上有利(当然ですね)。地震の時は揺れが比較的少ない上に、屋外へ脱出する時間が早い(避難経路が短い)。

・2階建ての設計時に細心の注意を払う「1、2階での壁の連続性やバランス」についてあまり神経を使わなくても間取りが成立する。つまり設計の自由度が格段によい。

・ガスコンロや薪ストーブなど火を使う部屋(=火器使用室といいます)には、原則天然木の天井や壁が使えませんが、平屋ならその制限がないのです。

・雨樋の破損修理や外壁や屋根の再塗装の時など、メンテナンスが比較的容易。

・平屋に住みたいというニーズは特に根強く、資産価値が高い。(いざ売る時、買い手がつき易い)

 

そんなわけで「平屋に住みなおす」ということについては全体的にメリットがたくさんあり、「年をとって、子供たちが巣立って、老夫婦だけで住むなら絶対平屋がいい!」は頷けます。まぁ、結局はお金の話になっちゃうケースが多いのですがね・・・。

 



平屋は、どうしても家の中が暗くなりがちです。今回のお宅は片流れの屋根を高さを変えて設け、換気を兼ねた採光窓を高い位置に設けました。

建前後の垂木(たるき)という屋根の下地をつくっています。

 

 



 

このように屋根が昇って行って壁にぶち当たる場合の施工は注意が必要です。雨もりが起きやすい箇所でもあり、断熱の弱点になりやすい。

壁にあらかじめ防水透湿シートを張ってから屋根をぶつけます。

 

 



 

とかく公民館的になってしまう平屋ですが、屋根形状を工夫すると少し面白くなります。

 

 

 

 



 

建て方時に腰を痛めたオニロクこと藤田棟梁も針治療を終え、戻ってきました。

床断熱工事(高性能グラスウール14cm厚)を終え、粗床(あらゆか)合板を張っています。

 

 



 

家の中央部が廊下になる設計です。

吹抜けになっていて高い位置より光が差します。

高所用の窓で開閉をチェーンで行う窓を特注しました。夏には排気用の高窓になります。

 

 

 

 



 

この合板は単に作業性が良くなるばかりではなく、床下からの隙間風や湿気を遮断し、気密を約束する部品でもあります。柱がある部分の欠き込みや合板の継ぎ目にも気密テープを用いてきっちりと。

 

 

 

 

 

 


 

おばあちゃんの家ですが、ゆくゆくはこの孫たちが引き継ぐかもしれませんね。

土台や柱、梁など主要な構造材はすべて長野県木曽のひのきです。

またしてもいい家つくっちゃっています笑

 

 

 

鳥屋沢できのこ&温泉&懇親

松本市奈川(旧奈川村)でのきのこ狩りイベントが終了しました。

OB顧客にニュースレターを通じてお声掛けをさせていただき、遠方は神戸からわざわざお越しいただきました。ありがたいことです<(_ _)>



 

19日土曜日は曇り。きのこ狩りスタートです!

きのこはやっぱり毒が怖いのですが、キノコ博士がいるので大丈夫!

看護士さんもいて更に安心!(笑)

 

 



 

先日の台風で一気に落葉してしまったようです。期待を胸に、紅葉の山中へ。

もうみなさん地面しかみていません(笑)

 

 

 

 



 

第1号きのこ発見のOさん。

あいにく食べられない種類のようです。

この落ち葉のなか、よく見つけられるものです(感心)

 

 

 



 

大工の北村さんも参加です。なにやら発見した模様です。

 

 

 

 

 



 

こちらきのこ博士のKさん。神奈川県からわざわざお越しいただきました。

これは食べられるらしい。

 

 

 

 



 

たくさんGETのOさん。

鑑定によりそのほとんどが毒キノコと分りました。ザンネン!!

 

 

 

 



 

9月から我が社で働いてもらっている宮澤君です。初公開画像です(笑)

こんなキャラですがみなさんかわいがってください(笑)28歳独身です。

 

 

 



 

ベニテングダケ

基本食べられないとのことですが、1本だけは食べられるそうです。なぜ?

きのこは謎の多い世界です

 

 

 



 

こいつの傘は開くと奥の方になるのです。いかにも毒っぽくて分りやすいのですが、意外とおいしんだとか。

食べる勇気、僕にはありません

 

 

 

 



 

結局6人で2時間探しに探してたったこれだけ・・・。

このうち食べられるのは半分以下でした。

 

 

 



 

宿=鳥屋沢(とやさ)に戻って温泉に浸かり、もちろん宴会でごぜいます。

山のもの、川のもの、ざんまいざんまい。

 

 

 

 



 

鳥屋沢の高宮さんも合流してざんまいざんまい。

この宿、はっきり言ってお勧めです。奈川は実はものすごい雪質がいい野麦峠スキー場があります。各地からスキー通が秘かに集結しているそうです。

 

 



 

あらあら北村さんってば!

 

そんなこんなで夜が更けてゆくのでした・・・。

また来年もやる気マンマンです。

 

 

屋根裏にひそむ恐怖

冬を前に、あちらこちらの現場調査や現場確認に走り回っています。

現場の状況の報告メールなどを通じて、

「塩原君はいったいいつ寝ているのか_?」としばしば御心配いただきます。メールを送っている時間がどうしても深夜になってしまいますが、意外と朝はゆっくりさせていただいておりますのでご心配なく。



 

紅葉が進む秋の戸隠。

 

 

 

 

 



 

黒アリでしょうか。

やられています。

早く手術しないと雪が降ってくる・・・。

 

 

 



 

蓼科の別荘。

レンガ調タイル貼りの煙突に重大な欠陥が。

 

 

 

 



 

このあたりがあやしい・・・。パッと見わかりませんが、屋根上の雨水が10年以上にわたり煙突内部に浸水。煙突そのものを構成している木材がかなり腐朽しており危険です。

 

 



 

軽井沢断熱改修工事。

誠に見栄えのよいウェスタンレッドシーダー天井板の向こう側にあるお粗末な断熱材。やむなく剥ぎ取り、断熱材総入れ替えの後、新たなレッドシーダー板に張り替え。切ない仕事。

 

 



 

同物件の屋根裏断熱材の修正工事には珍客が。

こわくて近づけない・・・。

でもこのままにはできないし・・・。

床下にはデカいアリ塚がごろごろあるし・・・。

 



 

何食べて生きてんだろ?

ヘビは縁起がいいというけれどホントかい?

どうやって捕まえる?

 

 

 



 

屋根裏に断熱材が梱包状態のまま置いてありました。

哀しい・・・。

あ、念のため言っておきますが、ここまでの写真、私が建てた家ではありませんので。

 

 

総じて言えるのは、普段見えないところに、いろんな恐怖が潜んでいるということ。

中古物件を購入しようかどうか考えている方、どうしてか分らんがとにかく暖房が効かない家、

うちは大丈夫なんだろうかと不安に駆られた方、住宅に欠陥や問題があるのだけれどメーカーや工務店の対応に納得できない方、まずはご連絡ください。実費交通費のみで診断させていただきます。

夢の薪ストーブライフ

これまでずっとアパート暮らしだったIさんの家づくりで、絶対にはずせないアイテムは薪ストーブでした。



 

延床面積26.6坪という数字を聞くと、{なんか狭くない?}という声も聞こえてきますが、リビングは吹抜け&天窓で明るく、決して狭くないと感じることができます。

 

 

 



 

1千万台中程、という予算を感じさせない仕様です。

床にはサクラの無垢フローリングが。

内壁は左官塗り壁です。(ダイヤトーマス)

構造材は信州カラマツで長野県のふるさと信州環の住まい助成金を活用。低炭素認定住宅仕様として80万円の補助金の恩恵を授かります。

 

 



 

薪ストーブは松本市のエイトノット製。

1台1台を手づくりしていています。

下段に薪をくべ、上段で調理を♪

もちろん天板でも保温や煮物ができます♫

 

 

 

 



 

外壁も左官仕上げ。

煙突にも難燃性の米杉板(ウィルウォール)を張っています。

広い玄関ポーチは自転車など置いておくにはもってこいです。

 

 



 

段差3cmの玄関上がり部。

一見木のフローリングに見えますが、塩ビタイルです(Gロックフローリング)。

土足OK,水にも強く、表面は木目のようなざらざら模様で、すべりにくくなっています。

 

 



 

工事中を振り返ると、たくさんの職人さんが関わっています。

左官屋さんの荻原ブラザーズ。

Iさんからのリクエストであるこだわりの仕上げ色と、コテムラを付けた仕上げ。

 

 

 

 



 

家の中ではIさんご夫婦が文字通り泥にまみれて内壁を仕上げています。当然ながら会社勤めで、隙間時間や休日を使っての作業でしたので、ホント大変だったと思いますが、約250㎡を2週間ほどで全部塗り切りました!

立派!パチパチパチ

 



 

住宅の断熱性能はQ値=1.727

全館20℃暖房で予想される灯油消費量は740㍑。

乾燥したナラ薪換算で約190束になります。

灯油が100円/㍑とすると¥74.000

乾燥ナラ薪が¥390/束で以下で手に入れば薪の方がランニングコストは勝ちです。

 

 



 

ランニングコストのことは断熱材の厚みやら家のつくりで変わってきちゃうんだけども、結局は

「この子らのために何ができるんだろ?」

ってところが一番大事なんじゃないかな~、と感じる入魂の一棟となりました。

 

■設計・施工 しおはら住宅デザイン設計 一級建築士事務所

■延床面積 87.78㎡(1F 53.00㎡ /2F 34.78㎡)

■熱損失係数Q値 1.727 W/㎡K(QPEX計算書による)

■年間暖房用灯油消費量 744㍑(20℃設定・第3種換気)

■主な仕様

屋根:洋瓦

外壁:軽量モルタル下地+ホワイトモルタル左官仕上げ

基礎:べた基礎

躯体:土台=木曽ひのき 柱・梁=信州カラマツ

※ふるさと信州環の住まい助成金利用(CASBEE Sランク(最上等級))

※低炭素認定住宅仕様

サッシ:シャノンウインドーⅡ 樹脂サッシ LOW-E ペアガラス アルゴンガス入り

断熱材:床 高性能グラスウール16K 140mm厚

外壁 高性能グラスウール16K 100mm厚

屋根 高性能グラスウール16K 190mm厚

天井 高性能グラスウール16K 200mm厚

換気:第3種セントラルダクト方式 日本住環境ルフロ400

暖房:薪ストーブ エイトノットBQ

床:1F サクラ無垢フローリング /2F カラーフロア(合板基材)

内壁:石膏ボード+ダイヤトーマス左官仕上げ(主成分 ケルザイム)

天井:1階 ダイヤトーマス左官仕上げ /2階 構造用合板24mmあらわし

■関連業者

基礎:マルワ信濃土建(長野市)

足場:高井工業(高山村)

屋根:綿内瓦工業(長野市)

躯体:北信地域材加工事業協同組合(WEC)(長野市)

大工:青木建築(長野市)

断熱:信越ビーアイビー(長野市)

暖房:翔武(松本市)

左官:荻原プラスター(長野市)

水道:上野設備(飯山市)

電気:山崎電機設備(中野市)

ガス:岡谷酸素(長野市)

■総工費

¥1000万円台中盤 (設計費・監理費・設備工事費などコミコミ)

 

ご協力いただいたみなさん、暑い中での作業誠にありがとうございました。

おかげさまで予定通り無事完了し、Iさんもすでに引越しを終え新たな生活がスタートしています。今後もお互い切磋琢磨して、一棟でも多くの方に「自慢の我が家」をお届けしましょうヽ(^o^)丿

 

断熱改修・床下のアリ塚??

びっくりしました。

昨晩、愛車ステップワゴンに塗装済みのグリーンラック(薪小屋キットで)載せてたんで、事務所の駐車場で窓を半分開けといたんだけどさ・・・。(不用心ですが・・・)

 

帰ろうと思って車に戻ったら、(深夜1時ごろでしたが)

びゃっ!と窓から何者かが飛び出してきたのです。

思わず口から出た言葉が、「じぇ!」

あ~なんか影響うけてんなー、と寂しい気持ちでした。

出てきたのは野良猫。寒い晩だったので無料ホテルと勘違いしてたみたい。

そんな一瞬に秋を感じました(笑)

 

昨日から始まった軽井沢の断熱改修工事。



垂れ下がったグラスウール断熱材。長年の結露で湿気を含み、床材との間は隙間だらけ。ネズミでも住んでいるのかかく乱された形跡も。

 

 

 

まずは寒い冷たい床を何とかしようと床の断熱材を総入れ替え。

しかしながら、のっけから想定外が発生しました。



床下が地下室みたいにとっても天井が高いので、まずは床断熱材のグラスウールを撤去しました。

床には改めて下地をこしらえて20cmほどのグラスウールを吹き込む予定です。

カマドウマいっぱいいます

 

 



 

今回の仕事人は北村大工さんです。通称「のぶちゃん」。農家出身の働き者です。過去20年近くのお付き合いですが、かれこれ1年ぶりにご一緒できました。

ありんこうじゃうじゃ

 

 



ひろ~いところもあるけど、問題はこの狭いところ。

換気不良でカビ臭く、なんとなくヤな予感が・・・。

湿気対策だったのでしょうか?気持ち程度に炭が撒かれています。

 

 



垂れ下がったグラスウールを取り除くと、次々と問題が発覚してきます。

あ、グラスウールが悪いわけではありません。誤解なきようお願いします。

原因は床下の換気不良とそれを発見できない定期的な点検がなされていないこと。

 

 



そして潜る前にのぶちゃんに脅かされていた問題のモノ。

蜂の巣?

アリ塚?土蜘蛛の巣?

今のところ何なのかはっきりしません。

 

 

 



見たところシロアリはいないようですが、このように木がかじられています。

猫もいないようです(笑)

でもよ~く見ると、信じられないほどの大量の黒い小さな蟻が、列をなしてあちこちで行進しています。

 

 



さらに奥へ進むと、、、

土台がやられています(泣)

しかも数年前、どなたかがここを部分的にいじっています。数年前マキストーブを導入したんだそうです。

おそらくその時、この状況はわかっていただろうに・・・泣大粒

 



苛立ちを感じながら床下を脱出。

腐っている土台がある部分を外から見るとこんな感じ。

レンガ調のタイルで覆われていて、まったく分かりません。しかしこのままではいずれこの木製ドアも彼らの餌になることでしょう。

 

 



取り外し撤去されごみ化したグラスウール。断熱材として活かすことも殺すこともできます。湿気の多い軽井沢だからしょうがないでは割り切れない。

 

 

 

 



 

原因の一つは、床下換気口を無視したこのコンクリート土間。

かつては木製デッキがあったそうですが、一度腐ってしまってコンクリートを打ってしまったんですって。

 

土台は建物にとってかなり重要な部分です。目では見えませんが、建物の荷重は梁を伝い柱を伝い、土台に伝えられ、基礎を伝って地面へと流れてゆきます。部分的な問題とはいえ、気持ちが悪い。そして放っておけばいずれ周辺の生きている土台も侵されてゆくことでしょう。