木製カーポート@飯綱

晴天が続いています。相変わらずあちこちを飛び回っているのですがいたって健康です。

毎年秋はすこぶる体調がよいようです。 そういえば高校時代野球をやってましたが、春~夏はからっきし打率悪かったなぁ。



先週末は富山県南砺市で何年かぶりに建て方に作業要員として参加しました。この現場の棟梁のオニロクさんこと藤田さんが腰痛でダウンし、お施主さんにもかなり手伝ってもらい、何とか屋根を仕舞いました。 一部ではありますが、自分で設計して自分も工事に参加する。いいか悪いかは別として、そんな自分を愛しています(笑)

 

 



そして水曜日には長野市徳間 Iさま邸の完成に合わせ、完了検査に立ち会いました。無事合格し、一区切りつきました。

火曜日からアルバイト2名がフル稼働!グリーンラックのお届けお待ちいただいているみなさん、もう少し待っててね!

 

 



木曜日は塩尻の奈良井宿へ。

お蕎麦屋さんの住宅の建て替えについての打ち合わせです。数年前に静岡県のログハウス建築で知り合った某工務店の妹さんの嫁ぎ先ということでご紹介いただいたのですが、

偶然なのか必然なのか、その旦那さん(蕎麦屋さんのご主人)が大学の同期生でした~!

び・つ・く・り・!  (*_*)

 

 

 



 

同日、今冬スタートする住宅から喫茶店への変身工事の打ち合わせ。

店内レイアウト計画もほぼ終わり、仕上材の検討中です。お店で出す飲み物や食品の毒見係も請け負っています(失礼!)

 

 

 



昨日は山形村のOB宅を訪問。懸案だった再塗装&増改築の相談へ。

オーナーのHさんご夫婦が実は千葉県出身で、私が千葉の大学に通っていたころ借りていたアパートのすぐ横に住んでいたらしい。

またまた び・つ・く・り・!( *_*)

 

 



そして今日は薪小屋=グリーンラックを長野市内に配達し、その足で飯綱へ。

今月中に完成させると約束していた木製カーポートの工事の完了チェック。

立派なのができてました(^o^)丿

けっこうお買い得です。(仕様にもよりますが60万前後)(株)まるたんぼうの上原さん、山口さんありがとうございました。あ、斉藤さんもありがとね~(^o^)丿

 

1週間があっという間に過ぎていきます。明日は月末。あ”~またたくさんのお金が出てゆく~泣

10/19・20 松本市奈川 きのこ狩り&温泉

秋も深まって参りました。衣替えです。これまで半袖の作業服やTシャツ姿も長袖へ。

秋といえばキノコです!今年はどこも豊作のようですね♪

すでにOB客のみなさんにはニュースレターを通じて告知させていただきましたが、この秋

2013年 10/19(土)~20(日) 1泊2日 信州松本の奥、旧奈川村でキノコと温泉でゆっくり過ごしてもらおうというイベントを企画しました。すでに7名の方にご予約いただいておりますが、あと8名様余裕がありますので、よろしければいかがでしょう?

近くには乗鞍や上高地、奈川ダムもありますよ~♪



経営者勉強会で知り合った鳥屋沢(とやさ)のご主人である高宮さんのご厚意で、格安でお泊りいただけます。キノコ狩りでとれたものを食すだけでなく、奈川ならではの「とうじそば」や「川魚料理」も楽しめます。温泉にもゆっくり浸かっていただけます。

この夏、仕事を頑張ったあなた!これからもっと頑張んなきゃいけないあなた!

ご応募お待ちしております。

場所(google MAP)http://goo.gl/maps/GyDRU

印刷用PDFイベント告知パンフレット

【お申込みはしおはら住宅デザイン設計 塩原へ】

電話:026-217-7011

メール:info@shiohara-hd.jp

FAX:050-3737-3027

 

地鎮祭~切り取り解体部復旧

北陸は恐ろしいところです。毎日といっていいほど雨が降り続きます。 解体から基礎工事中、8割がた雨だったような・・・(汗&涙)

 



それでも何とか地鎮祭にこぎつけました。オニロクさんこと藤田棟梁も参列。 この地方は東を向いて行いました。 実はこれ大変珍しいことです。一般的には北を向くんですが・・・。そういえば信仰的な山があるときなんかはそっちに向きますねぇ。

 

 



建築主は真ん中のおばあちゃんです。 数年前に若夫婦のおうちの新築を担当させていただきました。冬でも暖かい室内環境をご評価いただいて、実家の建て替えをお母さんにおすすめいただいた、というわけです。 亡きご主人と子供たちが集った我が家に別れを告げ、心機一転新たな気持ちでお建て替え!

 

 



緊張状態の地鎮祭のさなか、木の葉が舞い込んできました。

正しい姿勢のお客様の方にぴたっ!

はっ!

せ、せみだ!



オニロクさんと目があいました。

うわっ!

鳴くな!

泣いてはならぬ!

泣くな!

男だろおまえっ!

 



ただただ見つめるしかないその横で、四方清めの儀。

切り取り解体したブルーシートが風になびきます。

 

 

 

 



なんとか無事に地鎮祭が終了。

もしかしてあのセミは神の分身だったのかな~

 

 

 

 


 

さっそく地盤の調査です。金沢はジオリサーチの村田さん。愛すべきキャラです。

今回は表面波探査法という調査です。振動する機械を地面に置いて、はねかえって来る振動をキャッチする受信機がコンピューターにつながっています。



 

地面に送られた振動派で土質や硬さ、重さに耐える力までわかっちゃうんだからすごいですね~ほんと。

数日後判定が出てきました。

解体時に荒らされた地表を締固めればOKということです。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

基礎工事と並行して、切り取りした部分の復旧にかかります。

このころから天気がぐっと悪くなりました。そして約10日間ほどずっと雨の日がつづいたのです。

これはもう、大工のオニロクさんが雨男としかいいようがありません。

たまに晴れ間がのぞきますが、すぐに曇天に変わり、またしても雨が、、、。

基礎工事も思うように進まず、1週間ほど工程が遅れています。

そして台風一過。今週からようやく安定した、私が最も好きな季節が今年もやってきました。

今週末行う建て方に参加します!柱や梁、土台はオール木曽ヒノキ! たのしみだわぁ~(^_^)/~

長野県「山の日」制定か

阿部知事も交え、”山”をテーマにシンポジウムが黒部ダムで有名な大町市で開催されました。

僕は山岳登山はさっぱりやりませんが、なぜかこれまでに建てた建築主には登山愛好家が多い気がします。まぁ、山小屋風の家を造り続けてきましたからね。



つまるところ長野県の特徴といえば「海は無いけど山がある!」ということに尽きるのではないでしょうか?

全国に先駆けて「山の日」をぜひ県として制定してほしいものです。

県民全員が山の頂を目指す日!素敵じゃない!?

 



というわけで、県林務部の依頼を受け薪ストーブやペレットストーブの展示を行った訳です。ほかにもジビエ料理の試食コーナーやパネルディスカッションなるものが会を盛り上げます。

あいにくの雨でした、、、

 

 



松本市の薪ストーブ製作工房、エイトノット上原さんと、ストーブ工房ヴェスタの小松さんをお誘いしました。

冗談なのか分りませんが、このデモ機が我が家にやってくるようです笑

エイトノットBQ 本体価格¥38万!煙突部材や工事費もろもろで50万円台で設置できます!

 



ピザをふるまう上原さん。実は会社としてお付き合いをした後で発覚したのですが、親戚です。(はとこ)

プロのバイクレーサーという履歴を持ち、元松本市消防団長という肩書きを備え、にこやかな笑顔で「みちさん」と呼ばれる人気者です。

その後ホンダの代理店としてバイク・自転車屋さんを経て(今もやってるそうですが)なぜか薪ストーブを自社で製造・販売・設置工事・メンテナンスを一貫して行っています。このあたり、やはり血というべきか・・・。

 

 



エイトノットの薪ストーブは、国産では数少ない「木造利用ポイント」が使える機種がそろっています。

これまで欧米の輸入薪ストーブに頼り切っていたこの業界も、日本の優れた技術を注入し、世界に輸出できるような性能を持つものの登場が待たれます。

 

 



小松さんはサイカイ産業のペレットストーブを展示。

住宅丸ごとを温めるには発熱量に不安がありますが、ファンヒーターやエアコンで暖房することを思えばずっといいですよね。個人的にはペレットボイラーで給湯や温水暖房(パネルヒーター)利用に大変興味があります。灯油、高いですからね。

 



さてさて山の日の制定やいかに。

これを機に薪やペレットといった木材利用の促進につながれば言うことなしですが、そんなに簡単にいくとは思えません。福島原発の放射能汚染水の垂れ流し状態が僕らの心に暗い影を落としています。

(2010年竣工 池田町Hさま邸ポスト&ビーム工法の住宅)

 

 

 

うれしい!楽しい!胴上げヽ(^o^)丿

安曇野市穂高有明のN様新築住宅が完成しました。「断熱職人の家」第1号棟です。

9/1(日)は一日限りのお披露目をさせていただきました。たくさんの方々にお祝いしていただき、建築主のNさん、私塩原、大工棟梁藤田さんが宙を舞いました。そしてDIY作業で最も頑張った奥さまに金メダルを!

 



胴上げ、っていいですね。僕も高校時代は野球部でしたから、胴上げってなんだか憧れでした。プロ野球ではリーグ優勝した瞬間や日本一になった瞬間に行うのが通例になっていますが、普段僕ら一般庶民にはなじみがあまりありませんもんね。(棟梁 藤田さん・・・頭重い・・・)

 

 



この工事に関係した業者さん、職人さんには本当に感謝です。

なんだかんだ言って、人生2回目の胴上げだったかな~。

 

(設計監理 塩原~お腹が重い・・・)

 

 



 

施主であるNさんがやっぱり一番きれいに舞いました笑

家づくりってものを集約するとこういうことなのかもしれませんね。

 

 

 

 



日曜日の夕方、忙しい所を駆けつけて下さった皆さんありがとうございました。

バンザイ!(^_^)/