笑顔あふれる家~完成見学会目前!

木造の家づくりは食べることに似ていると思います。

農家の方が手間暇をかけてつくった作物が収穫され(木が伐採され)、洗ったり食べられない部分を加工して、梱包・包装し発送します。(製材したり乾燥させます。まとまった数量で束ねます)

運送され、スーパーや農協や直売所、市場(材木屋・問屋)などに届きます。

それをお母さん(大工さん、工務店)がスーパー(材木屋や問屋)などで購入し、下ごしらえ(刻み加工)をします。包丁や鍋(のみやのこぎり、かんな)は、その人が作業しやすい、とても大事な道具となります。

長さや大きさを切りそろえ、時にはミジンに刻まれ、煮たり焼いたりしていきます。(柱や梁の骨組みを組立て、下地づくりをします。)

そして最後に塩コショウで味付けをして調理が完了します。(左官屋さんや内装屋さんが仕上げ作業をして家が出来上がります)

お皿に盛りつけられた料理はあなた(建築主)の元に運ばれ、見た目を愉しみ、ゆっくりと味わっていただきます。

料理人もその作物を育てた農家の人たちも、それを食する笑顔が見たいから、そっとその様子を見守ります。

「おいしかった!また食べたい!」

そんな言葉が添えられると最高です!

あっ、住宅の場合、また食べたいは、なかなかねぇ・・・(笑)



床に敷いてあった養生用の紙が本日剥がされました。

これで一気に現場から家に様変わり!

もうここに住める雰囲気です。(実際に住めますが!笑)

 

 

 



このお宅のひとつの特徴である造作家具がいたるところで生活を便利に、かつ楽しくさせてくれます。

隠し味とでも呼べましょうか。

ダイニングのマガジンラックは特にお気に入りのご様子です。

 

 



メインシェフである藤田大工さん、駒村大工さんに、最後の最後、手すりや衣類をつるすハンガーパイプ、物干し掛けを取り付けてもらいました。

どこに付けたらいいのか、一番よくわかってる人がやるのが確実です。

 

 

 

 

 



テレビ台の上には、藤田棟梁による手作りのおもちゃキッチンが。

シェフの思いがぎゅっと詰め込まれています。

 

 

 

 

 

 



この家についてご家族と設計打合せをしているとき、お子さんから私へ、突然のリクエストがありました。

「僕の部屋にミニカーとか本を飾って眺めるような棚がほしい!」

 

 

 



設計をしていたその時には具体的な仕様は話し合わず、おおよその位置だけ決めておきました。

そしてだんだん家が出来てきたころ、棟梁と彼に直接打合せをお願いしました。具体的にどんなものが置きたいのか、たなの割り付けは何cmにするかなどを記した極秘ノートを発見!(笑)

 

 



そして今日ついに電気が灯りました!

木の感触も、足の裏で直接感じます。そう裸足でね。

子供たちに笑顔があふれます。

大人も子供も、作り手もうれしくて仕方がない瞬間です。

 

 



以下先日いただいたNさんからの食べる直前リポートです(笑)

 

いよいよ完成間近で、うれしい反面、お家造りに関わってくださったたくさんの方々と接する機会がなくなるのは、どこかさみしい感じもあります。

自分たちも家造りに参加することができたことも、忘れられないステキな経験になりました。家は買うものではなく、造っていくものということを実感し、愛着がすごく沸く我が家となりました。

こうした心地よい経験、心地よい場を私たちに提供してくださった塩原さんにはホントに感謝の思いでいっぱいです。ありがとうございます。そして、今後ともよろしくお願いします。

それから、鬼六さんをはじめ、お家造りに労力をかけてくださった全ての方々、本当にありがとうございます。みなさんが暑いなか、雨のなか、大切に造ってくださった我が家を愛情持って可愛がっていきます。ありがとうございます!完成まであとわずかとなりましたが、よろしくお願いします。

*************************************

ついに今度の日曜日、完成見学会です。夕方、Nさんを胴上げして締めくくりたいと思います。

見学会の情報はこちらをクリック

 

9/1(日)「断熱職人の家」完成見学会

ゴールデンウィーク明けより着工していた、安曇野市穂高有明のN様邸新築住宅の完成が間近になって参りました。

9/1(日曜日)9:00~18:00 安曇野市穂高有明 穂高北小学校そば

1日限りの完成見学会を行いますので、お近くの方、新築やリフォームをお考えの方、

断熱性能に優れ、職人が手作りで丁寧につくった4人家族のための「断熱職人の家」をぜひご覧ください。



 

当日道に迷ったら、ご一報ください。   090-1121-3993 塩原

皆さまのご来場、心よりお待ちしております。

家づくりプロセスを公開しています↓

http://shiohara-hd.jp/category/project/azuminoshi_n-house

 

築213年の古民家へ

一雨ごとに秋に向かっているようです。長野市は今朝から豪雨。雷鳴がとどろき、気温も23度くらいだったでしょうか?体が急にダルクなってしまいますね。

昨日、築213年という古民家に調査をする機会に恵まれました。まだお仕事を担当するかどうかわかりませんので詳細は控えますが、西暦1800年ですよ!江戸時代もそろそろ・・・といった頃です。

これまでたくさんの古民家を観てきましたが、再建されたものや重要文化財など保存されたもの以外では最古のものかもしれません。

そしてそこに今年4月に移住をされた方とお話しをさせていただきました。



茅葺の大きな屋根です。

住人であるAさんとの出会いのきっかけは、現在薪ストーブの導入を検討していて、「隙間だらけで、断熱気密もない部屋に、果たして薪ストーブを置いても、生活できるレベルに部屋が温まるのか?」という疑問があったからだとか。

 

 



薪ストーブの達人、小野沢さんと小屋裏で、煙突貫通部について調査中。

茅葺屋根の貫通は、かなり難易度が高くなりそうです。

燻され真っ黒になった屋根裏は、当然歴史の重さを感じますが、同時に恐ろしさといったような感情さえ抱かせます。

 



それにしても、在来工法と呼ばれる木造軸組み工法は、200年前のそれと現在のそれとでは全く変わっていません。進歩がないのか、変えようがないほど合理的なつくりなのか・・・。

ここに暮らしていた人々は、何代にも渡ってこの家を守ってきた。いろいろな出来事が起こったんだろうなぁ。

 

 



床はあべこべ、隙間風びょーびょー、だけどそこに熱い想いで暮らす人がいるのです。

冬はすごそこ。

私でよければバシバシとご利用してくださいまし!

 

 

 

熱中症を救うのは断熱材かもしれない

異常気象と呼ぶにはあまりに長い灼熱の夏。涼しい信州といえど、これほど気温が高ければ、子供たちも外で遊べません。

夏休みも後半を迎えていますが、向かう先は映画館やカラオケボックス、デパートで買い物や屋内のテーマパークなどで、我が家の娘たちも日々を過ごしています。

「僕たちがつくろうとしている世の中はこんなんじゃない!」そんなことを心の中で叫んでみても、耐えられないものは耐えられない。エアコンを効かせた事務所でひとり、深夜にこのブログを書いています。

だいぶ工事が進んだ長野市Iさま邸新築工事。連日の猛暑日にもかかわらず、各職人さんらは本当に粘り強く手を動かしてくれています。



洋風の瓦屋根工事。本当に屋根の上は暑いです。

朝早い時間帯でどれだけ作業効率を上げられるかが勝負です。

屋根職人さんには逃げる日陰も皆無です。

 

 

 

数日後には無事屋根が葺きあがりました。

6寸勾配の単純な切妻です。

白いシートでくるまれたそれは、薪ストーブ用の煙突です。今回は難燃処理された板(米杉でウィルウォールという商品)を貼ります。

瓦の温度は約60℃。この蓄熱された温度は、陽が落ちた夜間も熱を放出し続けます。

屋根や天井できちんと断熱されていなければ、地獄の熱帯夜を毎晩迎えることになります。

 

 



早々に屋根断熱工事を。

室内での作業は、これでずいぶん楽になります。

それと、室内の大型扇風機。¥5000程度でホームセンターなどで売ってますが、もうこれは現場の必需品かもしれません。

 

 



これが本日8/18の様子。外壁が黒いのですが、これはノダ社のラスカットMという商品です。

外壁の最終仕上げはこれからですが、左官屋さんによる塗り壁になります。

ラスカットは左官の下地用ボードであり、耐力壁という地震時に踏ん張る力がある壁になっています。

 

今日は日曜日でしたが、お施主さんの奥様に塗装をお手伝いいただきました。

今回も積極的にお施主さんに工事に関わってもらっています。

単純にコストを抑える意味もありますが、いえづくりを担う職人さんらが、どういう状況で普段作業を行っているか、体感してもらえる貴重な機会だと思っています。

 

 


お家の中も、石膏ボードが貼られ、だいぶイメージが出来上がってきました。

大きな吹き抜けを持つリビングです。

玄関とを区切るドアがありません。

このお宅は、全部で4本のドア(または引き戸)しかありません。

 

断熱性能のいい家で、薪ストーブを主暖房にコンパクトに住まう。

「広い面積で部屋数がたくさんの間取りが素晴らしい」の時代は終焉を迎えなくてはなりません。



ぼくたち大人は、現状をどうこうすることはできませんが、20年後、30年後、

どういう世の中であってほしいか、理念のようなものを共有すべきなのではないでしょうか。

原発再稼働の件でも世論が真っ二つに割れてしまっている現状も、共有できていない証拠ですね。

 

特価!坪2000円のフローリング

ワケアリ商品ですが、厚さ12mmのカラーフローリングを特値でお譲りします。

東洋テックス製で、カラーは1色のみです。もちろんF☆☆☆☆です。

一部ウレタン塗装にキズがありますが、実用上問題ありません。

新築、リフォームで予算圧縮を御検討の方に最適かと思います。

¥2000/坪で、限定 13坪分あります。

消費税と配送費は別途頂戴します。(引取りであればもちろん無料です)

ご興味のある方はメールください。早い者勝ちとさせていただきます。

info@shiohara-hd.jp

■ 8/25 S様より全量の購入のご予約いただきました。ありがとうございました!

人の手がつくることの良さ

酷暑です、毎日が。ようやくお盆休みがやってきました♪

すこし体を休める時間をとることも仕事の内です。

安曇野市ののN様邸は、仕上げ工事に突入。各職人さんが連日暑い中、腕を振るっています。



外壁は左官でしっくい調に仕上げます。太陽の位置を計算しながら日陰になる位置を移動しながら進めます。

長野市・荻原プラスター

兄弟2人でチームです。ラスカット下地で、現在下こすり中。

 

 



 

 

 

ほらね。北側から攻めています。この後、東に移動するかと思われます。

 

 



 

家の中では、建築主のNさんが、塗り壁に挑戦。石膏ボードの継ぎ目の処理やマスキングテープ貼り中です。

今回もダイヤトーマス、という素材をコテを使って左官塗りです。

 

 


子供たちを自宅に待機させて(笑)、夫婦仲良く仕上げ塗り中。

お二人共同レベルで、負けず嫌い!

床にぼとぼと落としてますよ~泣

仲良く肩をならべて塗っています。あ、やらせではありませんからね~♪

 



 

お盆期間中、ずっとNさんはダイヤトーマス漬けになります。大工チームは、ここまでよくがんばってくれました。

リビングと上につづく吹抜けの様子。

 

 

 



 

 

 

 

ダイニングの様子。

お分かりかと思いますが、大工さんによる造作家具が目白押しです。左官屋さんは大変そうです笑

 

 

 

 

 


 

建て方から約3カ月。40人くらいの職人が、これまで延べ約250人工(にんく=職人1人1日を1人工と呼びます)を費やしてこつこつ手作りしてきた家です。

9/1のお披露目会&施主胴上げまでのカウントダウンが始まりました。

お宅はダイジョウブ?

「断熱職人の家」が好評です。先日も軽井沢に建つ築20年近くのお宅にお邪魔しました。

まずやることは現状調査。床下や屋根裏など、普段目にすることがない部分にいろいろなサインが出ています。



屋根裏です。

木造在来軸組工法の一般的な風景。

屋根裏は環境的には「お外」であります。

いくつかの問題点がやっぱりあります。これではどんどん熱が逃げていきます。

 

向こう側に見えるねずみ色の壁は、クロスが貼ってある石膏ボードの裏面です。その向こうにロフトがあります。つまり部屋があります。

ということは、当然この壁には断熱材が入ってないとまずいですよね。

手前には、梱包袋に入ったまま屋根裏に残された断熱材が転がってます。

 

 

次は床下です。

10cm厚のグラスウール。ネズミの巣になっているのか、あちこちがベロベロになっています。また、換気量の不足で結露が大量発生。木材もカビだらけです。

 

 

 

 



トイレの排水管からの漏水も発見されました。断熱材が入っていないところも見受けられます。

写真をクリックして拡大してもらうと観たくないものが大勢います。

このお宅の主暖房は床暖房です。しかしあまりにも高額な光熱費により、最初の1年で床暖房の利用は中止したそうです。

 

この写真だけ見ると、とても同じ家のものとは思えません。おしゃれなインテリアの見た目はとても素敵なお宅ですが、冬はとてもじゃないが寒くて過ごせない家になってしまいます。

この床の真下があんなふうになっているなんてだれも想像できませんよね。

 

 

 

昨年張り替えたばかりだというリビングの天井板も、断熱不足で暖房しても温まらない空間になっているそうです。

とてももったいない話ですが、いったん剥がさなくては室内の温熱環境は変わりません。春に水滴が落ちてくるほどの結露を再び起こしかねません。

技術者にとって、無知は罪といえるかもしれません。日々勉強、日々研究!