満を持しての解体

「ユっ!雪がふってきたぁ~!!」

富山県の解体現場からの帰り道。上信越自動車道 黒姫・妙高附近で、それはもうたまげました!雪?ヒョウ?とフロントガラスをワイパーON。しかしきれいになりません・・・。



そう、なんとカメムシの大群の中を突っ切ったようです。まるでなにか接着剤のようにガラスにこびりつき、視界もさえぎられるほどの体液!

うわぁ~~~!ひぇ~~~!

と、ワイパーMAX&ウォッシャー液ぶいぶい噴出しましたが、でめですね。この透明な半液体状のねっとりは・・・。瞬間接着剤にも匹敵するほどの速乾性。「カメムシボンド」なんて売り出してもいいかも。いや良くない!彼らは生き物だ!でも嫌いだっ!

 

生き物ネタでアサッテの方に目を向けてみると、先日調査した丸太を積み上げた塀というか柵が、アリさんの被害に。白も黒もね。仲良く共同暮らしをしているっていうか、まぁ、すごい様子を激写しましたので、興味のある方はご覧ください↓(YouTube)

http://www.youtube.com/watch?v=uGAu5Q9bCcI

お食事中の方はくれぐれも見ない方がいいですよ!

 

さてさていよいよ始まった富山県南砺市の住宅建て替え工事です。

以前金沢市で新築させていただいたお客さまのご実家なのです。

一番初めに打合せをしたのが、雪の降る1月。それが今やカメムシが・・・。

設計打ち合わせ期間約半年を経て、ついに解体工事が始まりました。



建物すべてを壊すのではなく、一部を残しながらの切り取り解体工事。

うまく切り離れるでしょうか?

屋根がこっち向いてるところと、あっち向いているところがカットラインです。

 

 


 

この建物は一見木造ですが、重量鉄骨との混構造。鉄骨は解体後も売れるというメリットもありますが、やはり解体工事費用は高くつきます。

やっぱり木造がエエなぁ、としんみりする塩原です。

 

 

 



解体スタートに先だって、そこに暮らしていた建築主さんと、お酒、塩、米でお浄めをしました。

「40年間、私たちを守ってくれてありがとう。御苦労さまでした。」

そんなふうにつぶやきながら。

 

 

 



この欄間(らんま)は解体しない方にあるのですが、それはそれは見事な木工品です。1ピースの木から削り出して製作されています。ここ南砺市には井波(いなみ)という、全国でも抜群の木工文化を継承している地域です。

そんなこともあって、今回の担当大工は伊那市の工房鬼六=藤田さんに来てもらうことになっています。

 



解体直前の写真です。これが見納め。お施主さんは、「解体してるの見ると、涙出てくるから見ない!」といってさっとご帰宅されました。

きっと、ここでのいろいろな思い出があることでしょう。希望を胸に、思い出をそっと仕舞い込む過程、それが解体工事なのかもしれません。

 



解体しやすい。

リサイクルできる素材をできるだけ使う。

風雨に耐えた木の柱や梁は、アリさんに食べてもらって土に還す。

そんなつくりを我々設計士は考える時代だと思います。



雪が降り始めるころ、完成予定です。

夏季休業のお知らせ

■臨時休業!

8/6(火)、7(水)と連休をいただきます。あしからずご了承ください。

緊急の場合は携帯電話またはメールでお願いします。

090-1121-3993(電源OFFの時間帯あり)

info@shiohara-hd.jp  ~携帯電話に転送されますので折り返し連絡させていただきます。

 

■お盆休み

8/13(火)~8/16(金)

※グリーンラックは、しおはら住宅デザイン設計WEBショップからご注文いただけますが、納期回答やご質問にはお答えできません。営業再開日以降に回答申し上げますのげご了承ください。

 

薪ストーブメンテナンスプロ@白馬



先週末、信州焚火会の総会がありました。場所は大町市の木崎湖畔。

全国の薪ストーブバカ(失礼!)がたくさん集まって・・・というのはウソで、薪ストーブをキーワードに集まった数名が集まり、焚火を囲んで、何やら熱く語り合おうじゃないか、という会なのであります。イメージは椎名誠のあやしい探検隊です。

 



 

昨年発足したこの会ですが、仕事上の取引き先だったり、同業者だったり、当社で好評発売中のグリーンラックの顧客だったり、さらに普段フェイスブックでお互いの近況を把握していますので、それはそれは熱い!

 

 



今回は偶然にもメイスンリヒーターのワークショップとバッティングでき、新たな仲間も増えました。

 

 

 

 

 



目の前は湖畔です♪

どうすか?最高でしょ♪

翌朝は、すぐお隣町の白馬のOB宅を訪問し、点検&メンテナンスでした。

 

 

 



信州焚火会の主力メンバーである、伊那市の薪ストーブメンテナンスの小野沢さんです。

屋根の上からこんにちは!

 

5年間もの間、煙突掃除をサボっていたそうなので、同行してもらいました。

 

 

 



煙突のトップです。

別荘ユースとはいえ、やはり最低でも2年毎にはプロによるメンテナンスは必要ですよ~。

 

 

 

 



 

小野沢さん、黙々と。

薪ストーブのプロ中のプロ。

是非皆さん頼りにして下さい。

http://www.stovemain.com/

 

 

 



 

一方私と言えば、定番の床下からこんにちは。

哀しいことにカメラをセルフ撮りしてます。

 

 

 



 

リビング掘りごたつの周りの断熱材が落下してる!いったん外に出てテープやらなにやらかにやら準備して、ちゃんとしますよ!

 

今回は気密テープにてがっちりと!

え?またセルフ撮りかって?

すみません・・・。

 

 

 

 

 



小野沢さんに負けじと、換気扇ファンの清掃を。

24時間回ってますがそれほどでもありません。

ペットを室内に飼っている家庭や市街地など、立地条件によってはすごいことになってる時もあります。

 

 



いらない歯ブラシにてしゃかしゃか。毎年とはいいませんが、こちらのお宅(別荘)の場合、やはり2年毎にはやった方がいいと思います。

ちなみにこちらは排気のみを機械で行う第3種型換気扇なので、熱交換をする第1種換気扇をご使用の方は、半年毎にやりましょうね。

 

 



僕は、3時間程で作業を終えましたが、こちらはまだ続いてました。いや~すごいプロ意識だ~。

「小野沢さ~ん。あとどのくらいで終わる?」

「あと15分!」

が3回続きました!

信州焚火会に参加希望の方は連絡されたし!

次回はメイスンリヒーターの火入れ式の時を予定!

 

 

【求人!】

共に汗をかき、共に喜び、共に悩み、共に分かち合う仲間を募集しています。

 

■住宅や店舗の設計/監理、現場管理、大工的な作業など、当社業務内容に沿った作業をしていただきます。HP内容をご確認ください。

■雇用形態は相談に応じます。社員としてやアルバイトとしてでも可能です。打合せしましょう。

■就労時間や休日形態も相談に応じます。

■やる気と元気が必要です。

■月給は業務形態によりますが、頑張れば頑張っただけ収入になります。時給換算で¥2000/時以上。

■男女は問いません。年齢も問いません。

まずは「面接希望」としてメールまたはFAXでお申込み下さい。

メール:info@shiohara-hd.jp

FAX:050-3737-3027

木製 ガーデン物置きキット

かねてよりご要望の多かった木製の物置キットを試作しました。薪用保管庫=グリーンラックの発展形です。



屋根は国産杉野地板12㎜+オンデュリンです。ドアも壁もすべて木で出来ています。

これをキットで全国発送し、受け取ったお父さんに組み立ててもらう。そう、「お父さんのカブがあがるだろうプロジェクト」でございます。

 

 



中央に間仕切り壁を設けました。

これにより左右の棚を高さを変えて設置できます。

誰でも簡単に!かつ組み立てるヨロコビを味わっていただきたいです。

 

 



今回は試作品ですが、¥50000+送料くらいで考えています。送料が¥5000~7000程度かかるかと思います。組立作業時間1時間を目指しています。

 

 

 

 

 



レベル調整が簡単な、レベルフット(特許取得品)も、もちろん付属します。

 

 

 

 

 



課題は転倒防止策と、カスタマイズへの対応性です。

機能面や価格などみなさんのご意見をいただけると助かります。

今年の秋の発売を目指しています。

 

 

 

 

 

長野市飯綱・床下の結露

この時期、床下の結露がなかなかのものです。

外気温が30℃を越え、梅雨明け直後ということもあって、湿度(相対湿度)も70%以上に。

ヒドイ場合は80%以上になることもあります。

気温30℃・湿度60%の空気が21℃以下の物体に触れると結露します。専門用語では、「露点に達する」という言い方をします。



とある物件、昨日の床下点検の様子です。画像をクリックして拡大してご覧ください。断熱材の裏(白いビニールのところ)や、基礎の面に水滴がついています。

 

 

 



この日、外気温は約30℃でした。立地が山林の中の別荘なので、湿度はやや高め。測定できる機械を持ち合わせておりませんでしたので分りませんが、おそらく湿度70%程度だと思います。大変ムシムシした感じです。そして床下はひんやり21℃でした。Tシャツでは寒い感じです。

 

 


それに対し、屋根裏は約50℃。灼熱です。5分といられません。

 

 

 

 

 



また本日、別件の軽井沢にて床下調査。やはりグラスウールがびしょびしょに濡れて、木部のあちこちにカビが発生しています。また、ネズミでしょうか、グラスウールが荒らされています。

 

 

 



設備配管周りは断熱材が入っていません。カマドウマ君もたくさん・・・。

いや~床下ってこわいなぁ。

なかなかお客さんも床下は入る機会がないでしょうが、家づくりに対する工務店の姿勢が垣間見れてなかなか勉強になります。

 

ちなみにこの時期の床下の結露は、ある程度仕方ありません。梅雨明け直後の特有のもので、どの家も起きているかと思います。地域にもよりますが、地面の防湿と床下の換気が適切であれば一時的なものとして目をつむってそのままでいいと考えています。あるいは基礎断熱として、床下も室内扱いにしてしまうことも有効だと思います。

床下換気を促すべく、機械的に換気扇をつけても、かえって結露を促進してしまう場合もあるので慎重に見極めましょう。

 

低炭素住宅認定・環の住まい 上棟

久しぶりの記事アップです。灼熱地獄の倉庫で薪用保管庫=グリーンラックを黙々と出荷していました(笑)また、安曇野市穂高で先週行われた構造見学会&手作りクラフト体験会の準備や、来週から工事が始まる富山県の新築住宅の準備で、すっかり怠けてしまいました。

ちょくちょく覗いていただいている方には、ご期待にそえず誠に済みませんでした<(_ _)>

長野市徳間のIさま邸新築工事は、無事6/末に上棟させていただきました。

 



こちらのお宅、実はとても注目です。

そう、長野県産材をふんだんに使って、環境性能にも配慮した、「ふるさと信州環の住まい」に適合し、50万円の助成金を取得予定。さらに、今話題の「低炭素住宅」の認定も取得しています。これでさらに30万円の助成金上積みです!

 

 

 



大工棟梁は青木さんです。この時期まだ梅雨で、基礎内の水をかき出す作業からの建て方スタートです。

朝一番に構造材が運ばれてきました。柱は杉材、梁はカラマツ材、土台は木曽ひのきです。躯体加工は長野市のWEC。いずれも長野県の北端、木島平村産です(瑞穂木材)

 

 



棟上げ(上棟)は6/27で、晴天に恵まれました。

 

 

 

 

 



木造の家はやっぱりいいですね。

これからもどんどん長野県産の材木を利用していこうと思います。

今回は合板も長野県産材です。

 

 

 



基礎だけの状態から、こうして柱が立ち、家が立体的になると、なぜに室内が広く感じるんでしょう。

 

 

 

 



昨今では、集成材やドライビームと呼ばれる北米産の米松材が主流です。

やっぱり値段なんでしょうか。

集成材やドライビームは工務店出しで¥7万円/㎥台です。

長野県産材カラマツはまだ¥8万円台に。

 



大工さんたちは、このくらい高いところで作業をしています。

地上で見るのと大違い。一般の方はこの高さまで上がれる人、あまりいません。こぇ~

 

 

 



地上からはこんな風に見えるのですが・・・。

 

 

 

 

 



翌日、朝一番でお施主様と身内だけの上棟式を略式で行いました。

無事完成と工事の安全を祈願し、改めてお施主様も実感がわいたようです。

 

 

 



この時期は、職人さんの求める場所は日陰です。

消費増税が叫ばれる中、やっぱり駆け込み特需なのでしょうか?職人さんがあちこちで不足しています。だからと言ってやみくもに職人さんを集めてみても、品質が確保できません。

今年~来年春までの工事を予定しているみなさん、工期については慎重に検討しましょう!

 

 

 

7/7手仕事教室&構造見学会@穂高

七夕、いよいよ今度の日曜日です。安曇野市穂高有明のNさま邸、工事中の現場をお借りして、4ブースの手仕事教室=クラフトコーナー&構造見学会を開催致します!



おかげさまで順調に現場は進行しています。

現在は断熱工事の終盤。

ピンク色の高性能グラスウールが壁の中にギッシリかつふんわり入っています。

 

 



約1か月前の上棟式&本気の餅まきの際は、大変多くの方に参加していただきました。

 

 

 

 



藤田棟梁、最高位から餅をまく、

のシーンです。

 

 

 

 



その後、サッシが付き、断熱材が入り・・・。当日は夏の高断熱住宅の室内は、果たしてどうなっているのか?を体感できます。

特別な工法はまったく用いていません。しかし職人たちが、その手で、こつこつ積み上げてきている、まさに「手仕事の集大成」の家になっています。

そして「断熱職人の家」にふさわしい断熱性能を持ち合わせ、さらに長野県産の木材をふんだんに用いております。

 

 

当日は、わたくし塩原も1日ずっとおります。この時期ですからお天気が心配ですが、みなさんに楽しんでもらえるよう、精いっぱいおもてなしさせていただきますので、お近くの方、ご興味のある方は、ぜひお誘い合わせの上お越しくださいませ。

みんなで心からお待ち申し上げております。

■木工教室~工房鬼六 オニロク師匠こと大工棟梁・藤田さん=プロが教える「巣箱づくり」

■ペインティング教室~ジューンベリー代表・藤田 麻子さん(オニロクの妻)=ウェルカムボードなど小物にカラフルペイント!

■ワイヤークラフト教室~安曇野市在住 瀬川 恵美さん=ご自宅で小物雑貨製作の教室を開催する先生です!優しく教えてくれます!たくさんの雑貨の展示販売もあり。

■木製プランター製作教室~松本市 ランバーテック社の丸山さん=長野県産杉のデッキ材の専門メーカー。シロアリなど害虫駆除のプロでもある。30年以上も長持ちする木製デッキの紹介もします!

■食のコーナー~建築主のNさんご家族による岩手県盛岡市名物「じゃじゃ麺」をふるまいます!奥様のご実家が岩手県ということで、こちらではほとんど見かけない一皿!試作をいただきましたが、かなりうまし!

 



構造見学&クラフト体験教室パンフレット(PDF)