ガレージ建て方

長野市の北に位置する中野市。志賀高原への入り口であり、おいしいリンゴが有名です。

周辺に、飯山市や信濃町といった豪雪地帯が隣接しており、中野市も例外ではありません。

こんな時期に、という感もありましたが、晴れ男のおかげで、今日はとってもいい天気に恵まれました。木製ガレージの建て方です。



3年ほど前に新築した木の家、もちろん高断熱住宅です。

今年は比較的雪が少なく、本来は昨年末にやろうとしていたガレージ新築でしたが、諸事情あり、約1カ月も遅れてしまいました。

 

 



大工工事担当は長年連れ添っている、長野市松代のまるたんぼう・上原さん&山口さんです。朝8:30現場集合。

 

 

 

 



中野市も当然ながら、冬はけっこう雪が降ります。これまでは露天の駐車場でしたが、ご主人、夜勤もけっこうありますので雪かきが大変なのです。

「やっぱり欲しい!」ということでご用命をいただきました。

 

 



2週間ほど前、基礎屋さん(マルワ信濃土建・和田さん)にて除雪をしながら、独立基礎工事をしていただきました。

新築当時、外構工事で土間コンクリートを打ってあったので、基礎はここのみです。

 

 



荷おろしです。

骨組みは米松無垢材です。ドライビームと呼ばれる、人工乾燥材です。

 

 

 

 



方杖(ほうづえ)です。

通常、骨組みは「プレカット」と呼ばれるオートメーション化した工場で加工されますが、このような方杖は、機械加工ができません。大工さんの手刻みになります。

 

 



午後から骨組みが本格化してきました。

 

 

 

 

 



快晴の中、午後2時ごろ、上棟しました。立派です。

普通乗用車2台、並列です。壁を造らない設計なので、先ほどの方杖で、ぐらぐらするのを防いでいます。

 

 

 



全体的に統一感のあるデザインになっています。

明日は屋根工事です。晴れの予報です。次の寒波に間に合うでしょうか。

 

 

 



方杖は、タルキックビスという大変長いネジで止めました。

続きはまた後日アップします。

 

 

 

 

スノーヴィクトリー(雪止め)

インフルエンザがいよいよ流行ってきましたね。私は2週間ほど前にA型に感染してしまいました。1週間近く仕事ができず、設計業務などが滞って、後手後手になってしまいご迷惑をおかけしておりましたが、ようやくペースが戻って参りました。



今年に入って、雪がよく降りますね。昨年、屋根を再塗装をしたお宅で、トラブル発生!

屋根勾配8寸の平スレート(コロニアル)、雪止め1列ついています。昨年までは雪が落ちなかったのですが、塗装をしたため、雪が落ちやすくなり、北側隣家の敷地内にドサッツ!

 



これはまずい、ということで、急きょ足場を設営し、軒先に「スノーヴィクトリー」なる、雪止めを追加します。

 

 

 

 



軒先に設置された状態。

鉄+塗装のものと、オールステンレス+塗装のものがラインナップされています。今回は後者を採用。mあたり¥10.000(材工)前後かかります。

また足場代が別途かかります。

 

 



スノーヴィクトリーは、その上段に、雪止めなど、何かしら繋ぎ止めるものが必要です。

 

 

 

 



6寸や8寸など、けっこう屋根勾配がきつい場合でも、雪を落とさず機能を発揮してくれます。

ただ、屋根には雪がないことが本来は理想です。

 

 

 

 

 



屋根落雪や、つららなどでお困りの方は、スノーヴィクトリーが解決してくれるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

薪ストーブ~マキ不足にお困りの方へ

どうやら今年も薪不足になってしまっています。来季からは当社でも薪の販売をすべく 、準備を進めているところではありますが、取り急ぎ乾燥マキが必要な方のために、お知らせします。

 



長野市のリンゴの木です。しっかり乾燥しています。知り合いの方から分けていただきました。薪ボイラー用で製作したため、長さがバラバラで、30cm~60cmと、そろっていません。約400束分あります。

 

 

 



しおはら住宅デザイン設計の倉庫渡しで¥400/束でお分けします。 配達ご希望の場合は日時、運搬費用、要相談です。ご連絡下さい。 早いもの勝ちです。なくなり次第販売終了とさせていただきます。ご了承ください。

 

 

 

 

2/5更新  長野市 I様 50束ご予約いただきました。ありがとうございます。(残り350束)

2/20更新  残り330束です。

2/25更新 千曲市Y様 30束のご購入、ありがとうございます。(残り300束)

3/8更新  長野市S様 30束のご購入→残り270束

 

 

感謝状をいただきました

今日は、松本市の松本秀峰中等教育学校へ。何と、感謝状なるものを頂戴して参りました。



ちょっと気軽に、作業着で出向いてしまったのですが、校長先生の代理の大井事務長様より、賞状の授与式が。

緊張の塩原。

 

 

 

 



実は半年ほど前なのですが、とあるものを頼まれて、秀峰学園さまにお届けさせていただいたのです。

 

 

 

 



こちらイケメン指揮者の瀬川先生。

実は数年前にご自宅の新築を担当させていただきました。学校ではオーケストラ部の顧問をされていて、指揮を執っているそうです。

そう、この指揮者台を、製作して納品させていただきました。(寄贈)

 

 

 



造ったときは1m×1mということで、けっこう大きいなぁ、なんて思ってましたけど、こうしてお使いいただいている様子を、今日初めて目の当たりにして、意外と、ころあいのいい大きさだなぁと感じました。後ろ側にある、落下防止の棒もグッド!とお褒めいただきました。

 

 

 



せっかくなので、私も、「つもり」で乗ってみました。

こんなイメージでしょうか。

 

 

 

 



サイドビュー。

 

こう見えてもわたくし、小学校のころはマーチングに参加していて、トロンボーンをボッボ吹いていました。

 

 



あまりのカッコ悪さに、生徒たちからも、クスクス声が聞こえてきました。

エアー、オーケストラ最高潮、でございます。

 

 

 



校内も少し見学させていたきました。挨拶がきちんとできる生徒がたくさん。部活も活発なようで、吹奏楽はもちろん、バスケ、卓球、フットサル、テニス、剣道を覗き見ることができました。

特に寒い剣道場を、大きな掛け声と共に裸足で竹刀を振るう姿に感動。腕組みをしたこわい先生がいました。きっと強くなるでしょう。

今年3年目という松本秀峰中等教育学校。ここを学び舎に、優秀な人材がここからたくさん巣立ってゆくことでしょう。

洗濯干すところは屋根いるよね

今年私は前厄年だそうです。厄払いに行くべきか、パスするか、諸先輩にご意見をうかがいながら日々過ごしております。

「やっぱ、行っといたほうがいいんじゃな~い」とか、

「来年のホンヤクのときでいいよ。3年連続なんてたいへんだよぅ。」とか、

「どっちみち気をつけろよ。」など、みなさんまちまちですね。そうはいってもやはり来年の本厄前には必ず行っておいた方が良いようです、はい。

男子40歳を目前に控え、社会的立場や肉体的にも節目になるってことなんでしょうね。

ちなみに、わたくし、風貌は55歳を自認していますので、「ぼく、来年、厄年なんです」なんて初対面の人にお話しすると、ポカンとされてしまう訳ですが。

さて、このところ連日のように、リフォームや新築などの企画をありがたく頂戴し、設計やら見積もりやらでなかなか充実した毎日を送っております。

そんな中でも、1階の屋外テラスに屋根を付けたい、というご相談の件。



某ハウスメーカーさんで建てたご住宅で、南側に面するタイル張りのテラスの風景です。私個人的には、一見して、「何だこれは?えらくあっぱっぱ~だな、こりゃ」っていう感覚を持つのですが、みなさんの感覚はいかがでしょうか?ハウスメーカーの担当者は「壁にビスなんかもんじゃだめですよぅ。そんなことしたら、うちは保障しませんからねぇ」なんておっしゃっているそうで・・・。あ”~もうっ!って感じしますけどね。

 

 



南側に面しているとのことなので、おそらくはリビングからの続きでしょう。物干しスペースとして利用されているようです。

日除け、雨除けを兼ねたヒサシが最低限設けられるべきですが、この家の設計者、どういう感覚を持ってるんでしょうか?

 



ここにはやっぱり、下屋(げや)と呼ばれる屋根があると、誠に具合が良さそうです。洗濯干場としても、荷物などを仮置きしておく場所としても、半屋外(屋内)としての使い道は無限です。

そうはいっても、リビング室内が暗くなってしまっては、なかなか受け入れられません。外構資材として、サンルームユニットのようなものもありますが、値段的には200万~といった感じです。一応折り戸などで囲われるので、それはそれで価値はあると思うのですが・・・。

 



今回は、ガラスの屋根で提案をさせていただきました。(強化ガラスt=8mm)工事費込みで100万円前後です。これを安いとみるか、高いと考えるかはなかなか判断ができにくいのですが、ここまでタイル張りの素敵なテラスがあるのであれば、この空間を半屋内として利用もできることでしょう。断然「買い」だと思います。

屋根は、ポリカーボネート製ももちろん考えられますが、私は、断然ガラスをおすすめします。樹脂製のものは数年で透明度がダウンしてしまいますし、熱による変形もかなり出ます。10年毎に交換を覚悟!が前提となります。



こちらは、私の自邸ですが、雨や雪が降るたびに、自浄でガラスがきれいになりますのでガラス掃除はしたことがありません。室内から青い空や雲の動きが見えます。初めてお越しの方は、ガラス自体の存在に気づきません。



室内には十分光が入ります。また夏は太陽高度が高くなりますので、ひさしの役割も兼ねられるよう、外壁側50cm程はガラスではなく、屋根とした方がグッドです。

我が家には2階にも広い物干しスペースが有りますが、洗濯機が1階にあるため、妻の洗濯干し場は、もっぱらこのガラス屋根の下となっています。

 

原因があるから結果がある

今年も観てます、大河ドラマ。会津弁の綾瀬はるかさん、かなりはまり役だと感じています。いい感じです。職業柄なのか、大道具小道具はもちろん、画面に映し出される建物やインテリアに、つい目がいってしまいます。

江戸時代。

暮らしのすべての道具やしつらえは、そのほとんどが、木か紙か、糸で出来ています。鉄やガラスといった素材も一部ありますが、ほんのわずかです。

使っている道具、住んでいる空間を構成するもの、ことごとく木竹で出来ています。

日本には本来これぐらいのものしかなかった、と改めて実感。

余談が過ぎました。

今年の最初の工事は、松本市のアパートの改修工事です。昨年、6世帯分を担当させていただきました。今年に入ってもう1件分の改修です。



この部屋、実は、長年にわたり床下換気口がふさがれてしまっていて、床下がカビだらけに。床組み構造材のほとんどを腐らせ、床が陥没してしまったのです。昨年晩秋に、先行して床を剥ぎ取り、約2か月間、乾かしていました。

 

 

 



床を撤去した様子です。

これまでの作業は、以前にブログで紹介しました。

 

 

 

 



再度、オニロクこと藤田大工さんに来てもらいました。

折悪く、1/14工事スタートでしたが、大雪で、お互いに2時間近く遅れて到着しました。

 

 

 



入口近くに材木を降ろしました。

大引き、根太、粗床合板、といったところです。

このあと帰りに悲劇が起こるのですが・・・。

 

 



木造でも、鉄筋コンクリート造でも、よく、内壁にカビが発生するとか、結露がひどい、という状況が起こるわけですが、この部屋も、やはりそうしたことが住人を悩ませ続けてきました。

 

 

 



クロスは一見きれいですが、下地である石膏ボードとの間はカビがけっこう出ています。

黒く見えてるそれが、カビです。

 

 

 



この写真は、壁の再下端から上を見上げて撮っています。

床下の冷たい空気が、この壁の中の空洞の部分を上がり、室内の暖かい空気との温度差によって、クロス壁に結露が発生します。石膏ボードはグズグズになり、クロスを張り付けている糊がかびるという結果です。

 



新規に床を作っています。

 

 

 

 

 



新しい助っ人も加わって、若干飛ばし気味のチーム工房鬼ロク。

もうすぐ節分です。

 

 

 

 


今回断熱材も、ちょっと変わったものを採用しました。フクビのフクフォームECOなるものです。ウレタンのような柔らかさです。ザバーンと思われる不織布が下面および側面に取り付き、落下防止の耳として機能します。この使われ方には関心しました。

 

 



カタログを見ると古紙とコーンスターチ(植物)が原料で水発泡させているようです。どうもまだピンときませんが、とにかく隙間なく床に充填します。ふわっとした感触が、木の痩せなどにも追従しそうで、良さそうです。

 

 

 

臨時休業させてください!

代表 塩原がインフルエンザに感染し、1/15(火)~19(土)を臨時休業とさせていただきます。当初予定をさせていただいておりましたお客さま、業者様ならびに関係者の皆様には、大変ご迷惑ご心配をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

(1/20より通常営業いたします)

素敵な1日になりました。

今日は朝から嫌な予感がしていました。

朝5:00、布団から抜け出して外を見ると、予定通りの雪景色。おまけに大事にしていたボールペンを洗濯してしまい・・・。(指にたいへん相性がよかった)今日はヤバいかもな、なんて感じてました。

6:00着で、予約してあったジャパンレンタカー長野店へ。ここは24時間営業で、私のように、割と不規則な者にはありがたいお店です。2トンのトラックを借り受け、7:00着で材木屋さんへ。注文しておいた材木を引取りに行きました。本当は祭日でお休みなのですが、発注した材木の量が多く、手で積むのは大変でしょうからと、わざわざ休日の朝に来てくれることになっていたのです。

順調に積み込みを終えました。雪は降り続いています。ここで最初に迷いました。この大雪のさなか、予定されていた松本の現場へ行くべきか?今日から工事開始とし、伊那からオニロク大工こと藤田さんが9:00には現場到着予定です。

やはり行かねば!

途中ホームセンター・ムサシに寄りました。やはり注文を予約していた砂×25袋を引取りに行くためです。ここは8:00頃に行くからと伝えてあります。(日曜日以外は朝7:30から開店しているのです!)

ムサシに8:00ちょうどに到着。雪がごんごんと降る中、砂を積み込み完了。

ここで藤田大工さんに電話しました。「どうですか~そっちは~?」

「こっちもすごい雪!高速道路でトレーラーがおしりフリフリチュ~!何とか向かいますよ~」

長野インターより高速道路に乗りました。まだ通行止め箇所はありません。しかし時間の問題だと感じました。あちこちでスリップ事故が発生し、除雪車もなかなか難しくなっています。

時速50km程度のスピードで安定走行。なんとか姨捨の峠を越えました。

「いや~帰りは空荷になっちゃうから、こりゃ~だめだなぁ~。なんとか雪がやんで、夕方までに戻って来れればいいや」なんて思ってました。

案の定、安曇野インター手前で、長野道全線が通行止めになり、安曇野インターで高速道路を降りました。早朝しかも祝日ということで、車はまだ、まばらです。

松本の現場に9:30に到着。まもなく藤田大工さんも到着。

雪が降りしきる中、2人で材木の荷降ろしをしました。1時間ほど、作業内容の確認をいっしょにして、さあ、長野に戻ろうと思いトラックを発進すると、思った以上に進みません。道路は20cmほどの積雪で、べちゃべちゃの泥んこ祭り状態。参ったなこりゃ・・・。

空荷の2トントラック、2輪駆動、ダブルタイヤ、しかもレンタカーでタイヤチェーンなし、という最悪の立場に立たされてしまいました・・・。

お尻をフリフリしながら、アクセル全開で、人が歩く程度・・・。現場から100mも離れず、最寄りのセブンイレブンに避難。この駐車場でも立ち往生。なんとかハンドルをぐりぐりして、やっとのことで、広ーい駐車スペースのすみっこに陣取りました。

「チェーンがなきゃとてもじゃないが動けない」

そんな状況です。心臓がばくばくしています。

トラックを降り、200m先のホームセンタへ。ここにきっとチェーンが売っているだろうからと、材木を積んでいた時に考えていました。

カー用品コーナーへ。な、ない・・・。おばちゃんに聞いたら「タイヤチェーンの取り扱いはございません。大変申し訳ございませ~ん」

それでは、と思い、最寄りのガソリンスタンドへ。ここでも

「うちもないんですよね~。最近はチェーンも売れないから、どこのスタンドでもないんじゃないかなぁ~。だいぶ遠いけど、綿半か、イエローハットにあるんじゃない?」

ということで、行ったことがあるそのお店を、徒歩で目指すことに決めました。やだなぁ~遠いな~。でもどうしようもない・・・。

当然ながら歩道は除雪されていません。年末年始の運動不足もあってか、なかなか足取りが思うように進みません。靴の中もぐっちょりです。傘も持っていなかったので、上半身もびしょびしょになってしまいました。それでもチェーンが無ければ長野に帰れません。

私は必死で、どのくらいかかるかも分らないそのお店を目指し、ひたすら歩き続けました。

1時間ほど歩いて、ようやく綿半スーパーに到着。チェーン、ありました!でもタイヤのサイズに合うものがありません。店員さんに尋ねると、「うちは乗用車用しかないんですよ~。イエローハットさんならあるかもしれませんよ。歩いて20分くらいかな~」

私は、戻るための体力と、現状での自分を比較し、イエローハットを目指しました。

イエローハットに到着。脚は棒です。

ここでもチェーンはありましたが、トラック用チェーンはありませんでした・・・。

あわわ・・・どしよ・・・。

「多分どこにも置いてないと思いますよ~。残念ですけど。今日は祭日だから、取り寄せてもあさってになっちゃいます。ごめんなさ~い。あ、今日みたいな日は、あんまり無理しない方がいいですよ~。お客さん、ずぶ濡れですよ。どこからいらっしゃったんですか?え?女鳥羽?そりゃ~えらいかかったでしょ~。あ、これ、傘持ってってください。返却必要ないですからね。帰り気を付けてくださいね。」

イエローハット並柳店の店員さん、どうもありがとう!こんな状況でも人情をいただきました。だいぶ頭が落ち着きました。

ここで思考回路を替えました。

自分一人でなんとかしようとせずに、「誰かに助けてもらう」、という風にです。

松本市内の車屋さんの清沢さんに電話で相談。チェーンはどこにもないことを再認識。お忙しい所、つまらない相談に乗ってくれてありがとうございました。

レンタカー屋さんに電話で相談。松本市内にあるチェーン店に持ち込んでもらえば、四輪駆動の乗用車に乗り換えて戻れるのでは、とのアドバイス。空車状況を確認してもらい、ちょうど先ほど返却されたアルファードがあります、とのこと。

意気揚々と、また元来た道を戻り始めました。

しかし道路は大変な混雑で、なかなか除雪もできず、ボコボコの状態です。

トラックに戻るのに1時間30分かかりました。合計3時間歩いたことになります。

時刻は午後3時。陽が落ちたら路面は凍結し、もっと悪くなるでしょう。

腹を決めました。ここセブンイレブンからさほど遠くもないジャパンレンタカー松本店ですが、もっとも雪が少ないであろう国道19号を行けば、なんとかこのトラックでも行けるはずだ!

何とか国道に出ました。しかし大渋滞。しかしこれも幸い。とろとろ進みながらコース取りを慎重にしつつ、通常30分ほどの経路を1時間半かけて、ついにジャパンレンタカー松本店に到着。トラックからアルファードに乗り換えます。



辺りは暗くなってきました。道を急ぎます。料金もきっと倍かかっちゃうんだろうなぁ~。でもチェーンはもっと高いんだもんな・・・。自分の準備不足、判断ミスの勉強代だ、なんて感じです。

 

 

 

通行止めになっていた高速道路はまだ復旧する見込みもないので、ここから長野市へは、国道19号を北上です。アルファードは車自体の重量もあり、4輪駆動なので、安定感抜群。(トラックに比べれば)ぼこぼこ悪路も平気で進みます。しかもあまり揺れずに。

約3時間かかりましたが、無事ジャパンレンタカー長野店に到着しました。担当をしていただいた柿沢さん、ありがとうございました。おまけに、時間延長追加料金なし、燃料代サービス、といった配慮までいただいてしまいました。

天候を恨み、チェーンがないことに腹を立てた本日の前半でしたが、傘をもらい、人に助けを乞うたところで、心がほころびました。確かに時間はロスをしましたが、材料を届けられたことで無事工事もスタートし、事故なく戻れた今、ほっこりとした気分に浸っています。

成人の日の今日でしたが、いろいろまた勉強になりました。

 

エンジンかかったので、発進します!

年始からじんわり、本年の活動のためのアイドリングをしていました。そろそろ1週間たちましたので、いよいよアクセルを踏んでいこうかと思います。



年末年始は、ひたすら本を読みました。ほとんど森林に関する本ばかりです。

昨年から薪ストーブを相当”エコ”ひいきしているしおはら住宅デザイン設計ですが、実はこのあたりがコアなのであります。

 

 



わたくしのこれまでの道筋を辿ってみると・・・

ドラマ北の国から、またはシチューのTVCMからログハウス→ログハウスに住みたい→木造建築→木造住宅の現場管理・大工みたいな→住宅設計→高断熱の省エネ住宅→原発事故→自然エネルギー→省エネ住宅→薪ストーブ導入→薪小屋→薪→森林・・・。そんな経路をたどっているわけです。

 

 



今年はついに憧れの40歳になるので、思い切って、自分をアピールしていこうと思います。

会社案内のパンフレットを作りました。

施工事例なども載せています。

 

 

 

 



これまでの経緯をふまえ、自分が得意とすること、社会に貢献できることをまとめたつもりです。

このパンフレットを機に、どんな人と巡り合えるか楽しみです。

 

 

 



今年からは、断熱(&耐震も同時に)改修工事に力を入れていきたいと思っています。

 

 

 

 



OB向けのニュースレターも年始に刷り上げ、本日発送しました。OB・OGのみなさん、待ってて下さいね~♪

 

 

 



OBの方以外で、ご希望の方にも無料でお送りしていますので、お申し付けくださいませ。

今週は新年会が続きますが、来週からはいよいよ工事をスタートします!